デジタルサイネージ(電子看板)の導入・運用をもっと簡単に!クラウド型デジタルサイネージ(電子看板)関連サービス紹介サイトをリニューアル

PR TIMES / 2013年8月23日 14時22分



これまでのデジタルサイネージ(電子看板)は、サーバー管理や配信運用操作に手間がかかりました。パナソニック システムネットワークス株式会社では、サイネージ関連機器の提供に加え、クラウド型システムを始めとする運用支援サービスを提供しています。
今回のリニューアルでは、利用シーンや運用代行、コンテンツ提供に関しての紹介コンテンツがより充実いたしました。
ぜひパナソニックならではの「デジタルサイネージ関連サービス」(「クラウド型サイネージ」、「運用代行」、「コンテンツ提供」等)をご活用ください。

▼パナソニックの「デジタルサイネージ関連サービス」
http://panasonic.biz/solution/cloud-service/signage/

Webサイトでは以下のような様々な利用シーンをご紹介しています。
●広告表示
http://panasonic.biz/solution/cloud-service/signage/scene/billboard.html
●メニューボード(店内/ドライブスルー)
http://panasonic.biz/solution/cloud-service/signage/scene/menu_board.html
●駅構内表示
http://panasonic.biz/solution/cloud-service/signage/scene/station_yard.html
●ショールーム
http://panasonic.biz/solution/cloud-service/signage/scene/showroom.html
●スーパーマーケット
http://panasonic.biz/solution/cloud-service/signage/scene/supermarket.html
●金融店舗
http://panasonic.biz/solution/cloud-service/signage/scene/financial.html

ネットワーク配信によるデジタルサイネージ(電子広告)を望む企業は増えていますが、サーバー管理、コンテンツ配信、複数のディスプレイ装置の動作監視など、運用の手間を心配されてシステム導入に踏み切れないケースが多いのが実情です。

パナソニックでは、これらの不安を解決するために、「クラウド型のサイネージサーバー機能」、「配信業務の代行」、「目を引くコンテンツの提供(*1)」などの支援サービスを提供いたします。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング