「田中圭の隙が好き」隙だらけのスペシャルグラビア&1万字インタビュー!さらに菅田将暉、伊藤健太郎ら登場の映画特集からロケバスドライバーまで…「TV Bros. 10月号」はイケメン満載号!

PR TIMES / 2019年8月22日 11時40分

「TV Bros. 2019年10月号」 8月24日(土)発売

雑誌「TVガイド」や「TV Bros.」を発行する株式会社東京ニュース通信社は、「TV Bros. 10月号」を、8月24日(土)に発売いたします。全国の書店、ネット書店、弊社TOKYO NEWS magazine&mook にてご購入いただけます。



[画像: https://prtimes.jp/i/6568/818/resize/d6568-818-835697-0.jpg ]

お待たせしました! 田中圭の登場です! 昨年、表紙でご登場いただいてからというもの、ファンの方から編集部に彼を待ち望む声を多数お寄せいただきました。それから1年あまり、みなさまのご期待にお応えしたい一心で、ようやく今号で実現となりました。

ということで、「田中圭の隙が好き」と題し、田中圭を頭からつま先まで堪能いただこうという勢いで、隙だらけのスペシャルグラビアに、1万字に及ぶロングインタビュー、ドラマ「あなたの番です -反撃編-」(日本テレビ系)の現場リポートなどはもちろん、林遣都、沢村一樹、志尊淳、吉田鋼太郎ら、『劇場版おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~』などの関係者から田中圭への愛を込めたメッセージをいただくという、1年前の特集を超える田中圭特集となっております。永久保存用に、贈答用に、ぜひ。

続いて第二特集は、「MOVIE LOVE(スキ)」と題して、夏の終わりの映画特集です。「タロウのバカ」(9月6日公開)の菅田将暉&仲野太賀、「惡の華」(9月27日公開)の伊藤健太郎、「任俠学園」(9月27日公開)の西島秀俊の、スペシャルインタビューと厳選グラビアのほか、TV Bros.独占企画として長編監督デビューを飾ったオダギリ ジョー(「ある船頭の話」9月13日公開)と中国の巨匠ジャ・ジャンクー(「帰れない二人」9月6日公開)の監督対談、エルトン・ジョンの自伝的映画「ロケットマン」(8月23日公開)、「アナベル 死霊博物館」(9月20日公開)のアナベル人形をはじめとしたホラー映画の人形に迫る「人形ホラー映画」特集など、残暑を屋内で乗り切るための映画情報が満載です。

さらに、今号いい男がよりどりみどりだ……ということで「イケメン」という概念に迫るべく、イケメン多数という匿名ロケバスドライバーインタビューなど2019年のイケメンを考察する特集、イケメンを大胆に分類する「イケメンパラダイ図鑑」、東京・新宿の女性たちに「顔以外のイケメン要素」を尋ねまわる街頭アンケートなど、ほぼほぼ男たちだけでイケメンについて一生懸命考えます。

一方、今号よりTV Bros.はさらなる進化を遂げます。グラビアは見せたい、だけど読み物も載せたい、という二律背反がここ数年はびこってまいりましたが、もうはっきりさせます。読み物は読み物らしく増量したモノクロページで、グラビアはがっつり残りのカラーページで展開します。連載ページもほぼモノクロページですので、目に優しい!

この変革にあわせて、地上波、BS、CS、配信作品のレコメンドページも一新。バラエティー、ドキュメンタリーなどの番組解説と共に、テレビ批評集団「ブロス探偵舎」がぶった斬るなど、今号も奮っております。

心機一転となった今号からも、TV Bros.をどうぞよろしくお願いいたします!

TV Bros.編集部一同

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【最新号コンテンツ】
■特集1
田中圭の隙が好き(スキ)

■特集2
MOVIE LOVE(スキ)

■特集3
TV Bros.的イケメン特集

■連載
連載コラムも強力ラインナップ!
・松尾スズキ&河井克夫「チームカラマーゾフの兄弟の遊んでる部分の唄」
・爆笑問題「天下御免の向こう見ず」
・清水ミチコ「私のテレビ日記」
・光浦靖子「脈アリ?脈ナシ?傷なめクラブ」
・細野晴臣&星野源「地平線の相談」
・岡村靖幸「あの娘と、遅刻と、勉強と」
・大根仁「中春スケッチブック」
・Perfume「たちまち、語リンピックせん?」
・岩井秀人「自意識がびゅっびゅー」
・マキタスポーツ「鼻マキタ道場」
・風間俊介「ダンスはうまく踊れない」
・きゃりーぱみゅぱみゅ「あたしアイドルじゃねぇし!!!」
・川谷絵音「ブレないから、やるせない」
・大森靖子「超一方的完全勝利」
・鈴木涼美「可愛くってずるくっていじわるな妹になりたい」
・天久聖一「ノベライズ・ジャパン」
・掟ポルシェ「大切な思い出がツバまみれ」
・細川徹×五月女ケイ子「Oui! アシスタントディレクターブロ子」
・片桐仁「おしえて何故ならしりたがりだから」
・久保ミツロウ・能町みね子・ヒャダイン「久保みねヒャダこじらせブロス」
・岩井勇気(ハライチ)「でもあの子、俺じゃなくて主人公のこと好きなんだよな。」
・戸田真琴「肯定のフィロソフィー」
・あいみょん「どうせ死ぬなら」(ゲスト:山田智和)
・川栄李奈「楽しけりゃいいじゃないe!」(ゲスト:浜野謙太)
・藤田菜七子「菜七子のここだけ馬なし」
・川田十夢(AR三兄弟)「月刊マン・オン・ザ・ムーン」
・大橋裕之のTV
・豊崎由美「トヨザキ社長の査定したった!!」
・しりあがり寿「月刊はなくそ時評」
・おおひなたごう「俺に血まなこ」
・友沢ミミヨ「だいすきまめおやじ」
・松居大悟「読むか読まれるか」

■Culture Bros.
映画、音楽、ラジオ、舞台、ゲーム、書籍、コミックをご紹介。
今号は、映画部門は「MOVIE LOVE」特集で全面展開、音楽部門からはVIDEOTAPEMUSIC、ラジオは『SASUKE's konnichiwa Radio』(InterFM897)など、カルチャーの今をとにかくお届け!

【商品情報】
「TV Bros. 2019年10月号」
●発売日 : 2019年8月24日(土) ※一部、発売日が異なる地域がございます
●特別定価 : 700円
全国の書店、ネット書店、弊社 TOKYO NEWS magazine&mook にてご購入いただけます。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング