1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

─柏の葉をシリコンバレーに─ 『第5回 メディカル・デバイス・イノベーションin 柏の葉』10月26日(火曜)オンライン開催のご案内

PR TIMES / 2021年9月8日 18時45分



中小機構(独立行政法人中小企業基盤整備機構)関東本部は、国立研究開発法人国立がん研究センター東病院、一般社団法人TXアントレプレナーパートナーズとともに、10月26日(火曜)に下記のとおり、医療機器イノベーションのエコシステム構築することを目指し『第5回メディカル・デバイス・イノベーションin柏の葉』を開催します。
2018年度より開始した本イベントをきっかけに、東病院との共同研究など様々な連携が生まれています。柏の葉に国立がん研究センター東病院を核とした医療機器イノベーションのエコシステム構築を目指します。

◆日時:10月26日(火曜)16時00分~19時00分
◆場所:オンライン(Zoom)
◆参加費:無料
◆主催:独立行政法人中小企業基盤整備機構 関東本部、国立研究開発法人国立がん研究センター東病院、一般社団法人TXアントレプレナーパートナーズ
◆後援(予定):厚生労働省、経済産業省、千葉県、柏市、公益財団法人千葉県産業振興センター
◆協力:三井不動産株式会社、一般社団法人ライフサイエンス・イノベーション・ネットワーク・ジャパン(LINK-J)
[画像: https://prtimes.jp/i/21609/820/resize/d21609-820-6809c7ad6d944f6ebf88-0.png ]


【参加申込み】9月8日(水曜)より参加申込受付を開始いたします。
URLより申込みください。  https://mdi2021.peatix.com


◆プログラム:
主催者挨拶(16時00分-16時05分)

第1部 講演(16時05分-17時45分)
【経営者、起業家、投資家、医師、それぞれの立場から語るイノベーションの融合】
16時05分‐16時30分[講演1]
国立研究開発法人 国立がん研究センター東病院
大腸外科長/手術機器開発室長 伊藤 雅昭 氏
『外科医が医療機器開発に関与すべきいくつかの理由』

16時30分‐16時55分[講演2]
シニフィアン株式会社 共同代表 朝倉 祐介 氏
『スタートアップの成長を通じた産業創出に向けての課題』

16時55分-17時45分[パネルディスカッション]
パネリスト:
シニフィアン株式会社 共同代表 朝倉 祐介 氏
MedVenture Partners株式会社 代表取締役社長 大下 創 氏
国立研究開発法人 国立がん研究センター東病院 大腸外科長/手術機器開発室長 伊藤 雅昭 氏
国立がん研究センター東病院 機器開発推進室/スタートアップ支援室 室長 竹下 修由 氏
モデレーター:スタンフォード大学 主任研究員 池野 文昭 氏

(休憩 17時45分-17時50分)

第2部 医療機器ベンチャーによるプレゼンテーション(17時50分-19時00分)(1社4分ピッチ+2分QA)
17時50分‐17時52分 オープニング
17時52分‐17時58分 株式会社ARCALIS(取締役COO 河野 悠介 氏)
17時58分‐18時04分 アットドウス株式会社(代表取締役 中村 秀剛 氏)
18時04分‐18時10分 メドメイン株式会社(代表取締役CEO 飯塚 統 氏)
18時10分‐18時16分 メドリッジ株式会社(代表取締役CEO 益田 泰輔 氏)
18時16分‐18時22分 ソニア・セラピュ-ティクス株式会社(代表取締役兼CEO 佐藤 亨 氏)
18時22分‐18時28分 クアドリティクス株式会社(取締役・CSO 永元 哲治 氏)
18時28分‐18時34分 X-pain(代表 田邉 翼 氏)
18時34分‐18時40分 エピストラ株式会社(代表取締役CEO 小澤 陽介 氏)
18時40分‐18時46分 エイターリンク株式会社(代表取締役CEO 田邉 勇二 氏)
18時46分‐18時52分 株式会社Photo Soni Life Technology(代表取締役 若松 知哉 氏)
18時52分‐18時58分 株式会社ALTs(代表取締役 吉田 龍央 氏、執行役員 梶原 勇希 氏)
18時58分‐19時00分 クロージング

※時間は目安のため、実際は前後する場合がございますのでご了承ください。


<独立行政法人中小企業基盤整備機構(中小機構)>
中小機構は、事業の自律的発展や継続を目指す中小・小規模事業者・ベンチャー企業のイノベーションや地域経済の活性化を促進し、我が国経済の発展に貢献することを目的とする政策実施機関です。経営環境の変化に対応し持続的成長を目指す中小企業等の経営課題の解決に向け、直接的な伴走型支援、人材の育成、共済制度の運営、資金面での各種支援やビジネスチャンスの提供を行うとともに、関係する中小企業支援機関の支援力の向上に協力します。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング