臨時休校・春休みの子どもと保護者のみなさまへ そのまま遊べる「放課後たのしーと」 朝日新聞朝刊で連載

PR TIMES / 2020年3月18日 16時25分

株式会社朝日新聞社(代表取締役社長: 渡辺雅隆)は、新型コロナウイルス対策で小学校が臨時休校となった子どもたちと保護者のみなさまに向けて、あそびの素材を届ける無料のウェブサービス「すき!がみつかる 放課後たのしーと」( https://houkago.asahi.com/ )を使った連載「おうちでたのしーと」を、本日3月18日付朝日新聞朝刊から始めました。31日付朝刊まで14日間の予定です。



[画像1: https://prtimes.jp/i/9214/824/resize/d9214-824-113522-2.jpg ]

「たのしーと」は、学童保育や放課後児童クラブといった放課後の現場の課題解決を応援するため、当社が国立大学法人東京学芸大学、NPO法人東京学芸大こども未来研究所と共同開発したサービスです。小学校1~3年生が同時に取り組める複学年対応の内容が、A4判のプリントに収まり、毎月20枚前後を順次公開しています。その内容を今回、ご家庭向けにも開放するとともに、あそびにそのまま使えるコンテンツとして紙面連載しています。

[画像2: https://prtimes.jp/i/9214/824/resize/d9214-824-244674-1.jpg ]

「たのしーと」は、「工作」「体あそび」「数・図形」「言葉」のほか、「東京学芸大学オリジナル」など豊富なジャンルをカバー。それぞれに、指導する大人向けのガイドがついており、連載紙面の「遊び方ガイド」と書かれたQRコードから、準備方法や遊ばせ方のポイントなどの分かりやすい解説を読むことができます。公式サイトから簡単な利用登録をすれば、ほかのコンテンツも無料で自由に印刷して楽しめます。

連載初回の18 日付朝刊では、1 ページを全面使い、台紙も顔のパーツも切り取って遊ぶ「ふくわ
らい」を提供。最初の5 日分の連載ページ内にあるイラストを集めてつくる「パズルラリー」も始
まりました。
[画像3: https://prtimes.jp/i/9214/824/resize/d9214-824-233446-0.jpg ]


■SNS 拡散でプレゼントも
「たのしーと」で遊んでいる写真や感想をハッシュタグ「#おうちでたのしーと」をつけてフェイ
スブックやツイッターに投稿すると、抽選で30 人に「オリジナルクリアファイル&シール」をプ
レゼントします。投稿の締め切りは4 月5 日(日)。
※必ずたのしーとウェブサイト内に掲載された投稿規約を確認・同意の上で投稿してください。

■取材や協業、提携などのお問い合わせ
朝日新聞社メディアラボ「放課後たのしーと」
メール:media-lab-contact@asahi.com
電 話:03-5540-7840 (平日10~18 時)

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング