フロントインフォディスプレイ対応!ストラーダ SDカーナビステーションRシリーズ2モデルを発売

PR TIMES / 2013年9月2日 16時29分



パナソニック株式会社 オートモーティブ&インダストリアルシステムズ社は、SDカーナビステーション「ストラーダ」の新製品Rシリーズ2機種を2013年9月20日に発売します。

▼ストラーダ Rシリーズ CN-R300WD/CN-R300D
http://panasonic.jp/car/navi/products/R300/index.html
▼SDカーナビステーション Rシリーズ2モデルを発売(2013年9月2日プレスリリース)
http://panasonic.co.jp/corp/news/official.data/data.dir/2013/09/jn130902-4/jn130902-4.html

近年の国内市販カーナビゲーション市場は、使いやすさや基本性能を重視する傾向にあり、「安全」に対する関心の高まりから、交通事故を回避する技術や機能を搭載した車両に人気が集まっています。

本製品は、充実の基本性能が安心・快適なドライブをサポートするメモリータイプのAV一体型カーナビゲーションです。
地図上の文字の書体を視認性に優れた「PUD」フォントに変更して、地図をみやすく改善したり、業界で初めて※1、「準天頂衛星みちびき※2」に対応し、測位精度をアップさせる等、基本性能をさらに充実させました。
また、ITSスポットサービス(DSRC)※3やフロントインフォディスプレイに対応※4し、より安心・快適なドライブをサポートします。

【特長】
1.業界初※1「準天頂衛星みちびき※2」に対応、地図の視認性向上等、さらに充実した基本性能
・業界初※1「準天頂衛星みちびき※2」に対応、自車位置をより高精度に測位。
・地図上の文字の書体をより見やすいフォントに変更、フルスクリーンマップと相まって地図の視認性アップ。
2.ITSスポットサービス(DSRC)※3やフロントインフォディスプレイ※4に対応
・ITSスポットサービス(DSRC)の広域な高速道路交通情報を活用し、渋滞回避ルートを自動で探索※3。
・運転中に必要度の高い情報を、わずかな視線移動で確認できる「フロントインフォディスプレイ」と連携※4。
3.スマートフォン連携にも対応、AV・エンタテインメント機能を強化
・目的地検索やエンタテインメント機能を強化する、スマートフォン専用アプリとの連携機能を搭載。
・ワイドVGA液晶ディスプレイ、LEDバックライト、クリアパネルを採用、テレビも高画質で楽しめる。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング