アイデムフォトギャラリー[シリウス]  集団「獏」 写真展「きみの名は(ふたつの名を持つ写真たち)」 期間:2018年8月9日(木)~8月22日(水)

PR TIMES / 2018年8月6日 11時1分

求人広告を企画・発行する株式会社アイデム(新宿区新宿 代表取締役:椛山亮) http://www.aidem.co.jp/ が運営するフォトギャラリー[シリウス]  http://www.photo-sirius.net/ は集団「獏」 写真展「きみの名は(ふたつの名を持つ写真たち)」を8月9日(木)~8月22日(水)に開催いたします。



[画像: https://prtimes.jp/i/2663/859/resize/d2663-859-848342-0.jpg ]

タイトルはその写真のイメージを的確に伝えるメッセージでもあり、作品の魅力を引き立たせ、見る人の想像力を刺激するキャッチコピーでもあります。よってタイトルによりそのイメージが大きく左右されることも少なくありません。
そこで今回の企画ではひとつの作品にふたつのタイトルを用意してみました。
タイトルによって作品の印象が変わる面白さを楽しんでいただければ幸いです。

                          企画 山岸亜希子、上原太一、ディレクション 水出雅士
                              A2サイズ50点(カラー46点、モノクロ4点)

1996年アマチュアの写真団体として誕生し一昨年集団「獏」と改名、プロとアマチュア混在の団体として現在に至っています。2000年からは展示を中心にした作品の発表をしてまいりました。数年前から写真以外の作家さんも加わり「写真」と「書」「イラスト」とのコラボレーション等を楽しんでおります。日常的にはUp40Galleryをホームギャラリーとし年間を通して個展、グループ展を開催し作品を発表し続けています。またメンバーの個展はここ「シリウス」や「エプサイト」「ニコンサロン」「蒼穹舎ギャラリー」等ホーム以外のギャラリーでの展示も積極的に行ってきました。

今回の展示「きみの名は」には「語彙力のないまま社会人になってしまった人へ」などの著書がベストセラーになったメンバーの山口謡司が書とイラストで参加のほか土門拳賞、林忠彦賞等多くの写真賞を受賞されている写真家山内道雄さんにも参加いただきました。


主なグループ展
2006年「一文字の世界」コダックフォトサロン
2008年「私の写真がポスターになったら・・」アイデムフォトギャラリー「シリウス」
2010年「昭和が聞こえる」アイデムフォトギャラリー「シリウス」
2012年「スクランブルEgg」板橋区立成増アートギャラリー
2013年「ザ・パーキング」アイデムフォトギャラリー「シリウス」
2014年「空展」板橋区立成増アートギャラリー
2014年「モノクる人たちの写真展」アイデムフォトギャラリー「シリウス」
2016年「BAKu」アイデムフォトギャラリー「シリウス」

【日時・会場】
会場:アイデムフォトギャラリー[シリウス]
(東京メトロ丸ノ内線 新宿御苑前駅徒歩1分)
〒160-0022 新宿区新宿1-4-10 アイデム本社ビル2F
期間:2018年8月9日(木)~8月22日(水)
開館時間:10:00~18:00(最終日は15:00まで)
休館日:日曜日
入場料:無料

写真展の様子は「シリウスブログ」でもご紹介します!
■シリウスブログ
PC: http://www.photo-sirius.net/blog/
■シリウス公式Facebook
http://www.facebook.com/photo.sirius

[お問い合わせ]
アイデムフォトギャラリー シリウス事務局
担当:澤本慶子・安達洋子
TEL:03‐3350‐1211
http://www.photo-sirius.net/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング