《 天体観測の必携本 》基本的な観測から、星の明るさを測定する光度観測まで、天体の基本から応用まで、ひととおり理解できる、満足度の高い一冊!

PR TIMES / 2019年11月20日 10時5分

株式会社誠文堂新光社(東京都文京区)は、2019年11月20日(水)に、『星を楽しむ 天体観測のきほん』を刊行いたしました。



[画像1: https://prtimes.jp/i/12109/870/resize/d12109-870-258496-0.jpg ]

これから天体観測を始めてみたいと思っている人や始めたばかりの人、あるいは天体望遠鏡や双眼鏡で星は眺めているけど、一歩踏み込んで天体観測をしてみたい人などを対象に、天体観測に必要な基礎知識や手順について解説します。

[画像2: https://prtimes.jp/i/12109/870/resize/d12109-870-719861-1.jpg ]

毎日の星の動きや月の満ち欠け、そして太陽の動きの観察はもちろん、天体望遠鏡を使った月のクレーター、太陽黒点やプロミネンス、日食や月食の観測をはじめ、火星、土星や木星の惑星の観測など、定番の天体観測ついてはもちろんのこと、より本格的な観測となる、流星群、彗星、変光星、二重星、星雲・星団、星食や接食などの観測についても紹介します。

[画像3: https://prtimes.jp/i/12109/870/resize/d12109-870-406948-2.jpg ]

それぞれ観測したい天体や天文現象に応じ、必要な道具や観測のポイントなど、天体観測がスムーズにできるよう詳しく解説します。

道具を使わず肉眼でできる観測も紹介しつつ、双眼鏡や天体望遠鏡を使ったより本格的な天体観測までのひと通りを紹介。この一冊で、天体観測のほとんどを知ることができます。

[画像4: https://prtimes.jp/i/12109/870/resize/d12109-870-669318-3.jpg ]

なお、この「星を楽しむ」シリーズには、既刊『天体望遠鏡の使いかた』『星空写真の写しかた』があり、今後『星座の見つけかた』『双眼鏡で星空観察』の刊行を予定。今後もお楽しみに!

★『星を楽しむ 天体望遠鏡の使いかた』のリリースはこちら★
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000794.000012109.html

★『星を楽しむ 星空写真の写しかた』のリリースはこちら★
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000814.000012109.html
[画像5: https://prtimes.jp/i/12109/870/resize/d12109-870-905724-4.jpg ]

[画像6: https://prtimes.jp/i/12109/870/resize/d12109-870-537470-5.jpg ]


【目次】
●はじめに
●第1章 天体観測を始める前に
天体観測のいろいろ/肉眼での観測/双眼鏡での観測/天体望遠鏡での観測/カメラを使った観測/天体観測の服装とグッズ/春~夏の服装/秋~冬の服装/天体観測に必要なもの/双眼鏡での観測/双眼鏡の選びかた/双眼鏡の使いかた/天体望遠鏡での観測/天体望遠鏡の選びかた/天体望遠鏡の使いかた
●第2章 星と星座の観測
星の動きを知ろう/星座早見盤の使いかた/COLUMN スマートフォンで星空を調べる/星の明るさ/COLUMN 星に付いているギリシャ文字とその読み方/星の色/1等星写真リスト/星座の観測/北極星を見つけよう/現代星座の誕生/星座一覧表/星のものさし/春~冬の星座
●第3章 月の観測
月の観測/月の満ち欠け/月の遠近/COLUMN 月のスケッチをしてみよう/月の見える時刻と方位/月の地形/月面図/月齢3 ~ 25/月食の観測/部分月食の観測/皆既月食の観測/星食と接食の観測
●第4章 太陽の観測
太陽の観測/いろいろな太陽の姿/太陽黒点の観測/黒点の見えかた/黒点群の分類/黒点をスケッチしよう/プロミネンスの観測/惑星の太陽面通過/日食の観測/日食とは/いろいろな太陽観測
●第5章 惑星・小惑星・流星・彗星の観測
水星の観測 :太陽にもっとも近い内惑星・水星/観測のしかた
金星の観測:もっとも明るく輝く明星・金星/観測のしかた
火星の観測:2年2ヵ月ごとに接近する火星/観測のしかた/火星の季節と極冠/火星の気象現象
木星の観測:太陽系最大のガス惑星・木星/観測のしかた/COLUMN 惑星観測は動画撮影が主流に/ガリレオ衛星の観測
土星の観測:美しい環を持つガス惑星・土星/観測のしかた/土星の衛星の観測
天王星・海王星の観測:天王星とその観測/海王星とその観測
小惑星の観測:COLUMN 小惑星探査機「はやぶさ2」
流星の観測:流星とは/流星群とは/流星群の種類/流星群を観測しよう/おすすめの流星群
彗星の観測:彗星とは/彗星の軌道/彗星の構造/COLUMN 彗星の記号の読み方/彗星の観測/肉眼での観測/写真での観測/スケッチをとる
●第6章 星雲・星団・変光星・新星・超新星・重星の観測
星雲・星団の観測:肉眼での観測/双眼鏡での観測/望遠鏡での観測/星雲・星団の種類/カメラで記録する/COLUMN メシエ天体とNGC 天体/スケッチで記録する/おすすめのメシエ天体とその他の天体リスト
変光星の観測:変光星とその種類/食変光星アルゴル/脈動変光星ミラ/測光:星の明るさを測るには/新星と超新星の観測/新星と超新星とは/新星と超新星の観測/重星の観測/重星とその観測
●おわりに

【著者プロフィール】
大野 裕明(おおの・ひろあき)
福島県田村市にある星の村天文台・台長。天体写真家・藤井旭氏に師事。以降、数多くの天文現象を観測。また多数の出版、講演などを行う。主な著書に「星雲・星団観察ガイドブック」「プロセスでわかる天体望遠鏡の使い方」(いずれも誠文堂新光社刊)」などがある

榎本 司(えのもと・つかさ)
天体写真家。星空風景写真から天体望遠鏡でのクローズアップ撮影など、さまざまな天体写真撮影に取り組み、美しい星空を求めて海外遠征も精力的に行う。主な著書に「デジタルカメラによる月の撮影テクニック」「PHOTOBOOK 月」(誠文堂新光社刊)」がある。

【書籍概要】
書 名:星を楽しむ 天体観測のきほん
著 者:大野 裕明、榎本 司
仕 様:A5判、144ページ
定 価:本体1,800円+税
配本日:2019年11月20日(水)
ISBN:978-4-416-61951-3

【書籍のご購入はこちら】
紀伊國屋書店: https://www.kinokuniya.co.jp/f/dsg-01-9784416619513
楽天ブックス: https://books.rakuten.co.jp/rb/16054104/?l-id=search-c-item-img-01
ヨドバシ.com: https://www.yodobashi.com/product/100000009003191485/
Amazon: https://www.amazon.co.jp/dp/4416619510
honto: https://honto.jp/netstore/pd-book_29884341.html
オムニ7: https://7net.omni7.jp/detail/1107035678

【書籍に関するお問い合わせ先】
株式会社 誠文堂新光社
〒113-0033 東京都文京区本郷3-3-11
ホームページ: http://www.seibundo-shinkosha.net/
フェイスブック: https://www.facebook.com/seibundoshinkosha/
ツイッター: https://twitter.com/seibundo_hanbai

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング