1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

音楽評論家・富澤一誠氏の活動50周年記念企画となるCDブック『富澤一誠 私の青春四小節~音楽を熱く語る!』が7月20日発売!

PR TIMES / 2021年7月20日 15時0分

音楽のスポークスマンとしてインターネット、テレビ、ラジオ、有線放送、新聞、雑誌等さまざまなメディアで活躍を続ける音楽評論家・富澤一誠氏の活動50周年記念企画となるCDブック『富澤一誠 私の青春四小節~音楽を熱く語る!』が7月20日に発売された。



[画像1: https://prtimes.jp/i/20808/903/resize/d20808-903-89fbca94afec9ebd1480-1.jpg ]

この企画は2冊のブックレットと2枚のCDのセットで、今年70歳を迎えた富澤氏の半生を約4万5000字にわたって綴った一冊と、島倉千代子から佐野元春に至る42曲について、氏の怒濤の音楽体験を交えて熱く語ったコメントを掲載した歌詞ブック、そしてその42曲を収録したコンピレーションCDで構成、そのキャリアを音と文字で立体的に浮き彫りにしていく。

1950年代の流行歌に始まり、60年代の青春歌謡とカバーポップス、70年代のフォークソング&ニューミュージックを経て、氏が現在提唱している“エイジフリーミュージック(良質な大人の音楽)”の新曲まで、富澤氏ならではの視点で体感できる「聴いた、見た、感動した」日本のポップス70年史。ぜひお手元に置いていただきたい。

「富澤一誠 私の青春四小節~音楽を熱く語る!」商品特設サイト
https://www.110107.com/seishun4bar

[画像2: https://prtimes.jp/i/20808/903/resize/d20808-903-1ce49a6d50555b8e7e65-0.jpg ]


「富澤一誠 私の青春四小節~音楽を熱く語る!」
■発売日:2021年7月20日
■リリース形態:CDBOOK(2枚組CD 歌詞ブック44ページ、半生記64ページ)
■価格:4,840円(税込)/4,400円(税抜)
■販売ルート:ソニー・ミュージックショップおよび通信販売ルート
■品番:DQCL 3616-7

ソニー・ミュージックショップ商品販売サイト
https://www.sonymusicshop.jp/m/item/itemShw.php?site=S&cd=DQCL000003616

DISC 1

1. からたち日記/島倉千代子(1958年)*
作詞:西沢 爽 作曲:遠藤 実 編曲:牧野昭一
2. お富さん/春日八郎(1954年)*
作詞:山崎 正 作曲・編曲:渡久地政信
3. チャンチキおけさ/三波春夫(1957年)*
作詞:門井八郎 作曲・編曲:長津義司
4. 達者でナ/三橋美智也(1960年)*
作詞:横井 弘 作曲:中野忠晴 編曲:上野正雄
5. 潮来笠/橋 幸夫(1960年)*
作詞:佐伯孝夫 作曲・編曲:吉田 正
6. 高校三年生/舟木一夫(1963年)
作詞:丘 灯至夫 作曲:遠藤 実 編曲:福田 正
7. 君だけを/西郷輝彦(1964年)
作詞:水島 哲 作曲・編曲:北原じゅん
8. 美しい十代/三田 明(1963年)*
作詞:宮川哲夫 作曲・編曲:吉田 正
9. 潮風を待つ少女/安達 明(1964年)
作詞:松田ルミ 補作詞:吉岡 治 作曲:遠藤 実
編曲:安藤実親
10. 霧の中の少女/久保 浩(1964年)
作詞:佐伯孝夫 作曲・編曲:吉田 正
11. 素敵なやつ/叶 修二(1965年)
作詞:水木かおる 作曲・編曲:継 正信
12. 青春の城下町/梶 光夫(1964年)
作詞:西沢 爽 作曲・編曲:遠藤 実
13. 湖愁/松島アキラ(1961年)
作詞:宮川哲夫 作曲・編曲:渡久地政信
14. 若いふたり/北原謙二(1962年)
作詞:杉本夜詩美 作曲:遠藤 実 編曲:山路進一
15. 月影のナポリ/森山加代子(1960年)*
作詞:Franco Migliacci 作曲:Bruno Defilippi 日本語詞:岩谷時子
編曲:皆岡 進
16. パイナップル・プリンセス/田代みどり(1961年)*
作詞・作曲:Richard Sherman、Robert Sherman 日本語詞:漣 健児
編曲:スマイリー小原
17. 可愛いベイビー/中尾ミエ(1962年)*
作詞・作曲:Don Stirling、Bill Nauman 日本語詞:漣 健児
編曲:東海林 修
18. 砂に消えた涙/弘田三枝子(1964年)
作詞:Alberto Testa 作曲:Piero Soffici 日本語詞:漣 健児 編曲:山屋 清
19. 千の風になって/秋川雅史(2006年)
作詞:不詳 作曲・日本語詞:新井 満 編曲:EDISON
20. 吾亦紅/すぎもとまさと(2007年)
作詞:ちあき哲也 作曲:杉本眞人 編曲:すぎもとバンド
21. 愛のままで…/秋元順子(2008年)
作詞・作曲・編曲:花岡優平
22. どこで暮らしていても/さくまひでき (2011年)
作詞:富澤一誠 作曲:岸田敏志 編曲:石川鷹彦

DISC 2

1. どうにかなるさ/かまやつ ひろし(1970年)
作詞:山上路夫 作曲・編曲:かまやつ ひろし
2. 私たちの望むものは(シングル・バージョン)/岡林信康(1970年)
作詞・作曲・編曲:岡林信康
3. 今日までそして明日から/吉田拓郎(1971年)
作詞・作曲・編曲:吉田拓郎
4. カレーライス/遠藤賢司(1972年)
作詞・作曲:遠藤賢司
5. 人生が二度あれば/井上陽水(1972年)
作詞・作曲:井上陽水 編曲:星 勝
6. 学生街の喫茶店/ガロ(1972年)
作詞:山上路夫 作曲:すぎやま こういち 編曲:大野克夫
7. 雪/猫(1972年)
作詞・作曲:吉田拓郎
8. 春夏秋冬(実況録音盤)/泉谷しげる(1972年)
作詞・作曲:泉谷しげる
9. 少女/五輪真弓(1972年)
作詞・作曲・編曲:五輪真弓
ストリングスアレンジ:Robert Klimes
10. 神田川/かぐや姫(1973年)
作詞:喜多條 忠 作曲:南こうせつ 編曲:木田高介
11. 精霊流し/グレープ(1974年)
作詞・作曲:さだ まさし 編曲:グレープ
12. 岬めぐり/山本コウタローとウィークエンド(1974年)
作詞:山上路夫 作曲:山本厚太郎 編曲:瀬尾一三
13. 結婚するって本当ですか/ダ・カーポ(1974年)
作詞:久保田広子 作曲:榊原政敏
編曲:木田高介、石川鷹彦
14. 夕暮れ時は淋しそう/N.S.P(1974年)
作詞・作曲:天野 滋 編曲:福井 峻
15. 白い冬/ふきのとう(1974年)
作詞:工藤忠行 作曲:山木康世 編曲:瀬尾一三
16.『いちご白書』をもう一度/バンバン(1975年)
作詞・作曲:荒井由実 編曲:瀬尾一三
17. 季節の中で/松山千春(1978年)
作詞・作曲:松山千春 編曲:清須邦義
18. 関白宣言/さだ まさし(1979年)
作詞・作曲:さだ まさし 編曲:福田郁次郎、さだ まさし 弦編曲:藤田大土
19. 昴-すばる-/谷村新司(1980年)
作詞・作曲:谷村新司 編曲:服部克久
20. SOMEDAY/佐野元春(1981年)
作詞・作曲・編曲:佐野元春
ストリングスアレンジ:大村雅朗

*モノラル

[画像3: https://prtimes.jp/i/20808/903/resize/d20808-903-f9a0a0e9cb3e7d605535-2.jpg ]

富澤一誠プロフィール
1951年、長野県須坂市生まれ。
70年、東京大学文科III類に入学。
その後、現状にあきたらず、大学を中退。
歌謡学校に通い歌手を志すが挫折。
その後、ニューミュージックの前身である日本のフォーク&ロックのイベントに参加。
71年、音楽誌への投稿を機に音楽評論活動に専念。

現在、ジャパニーズ・ポップス専門の音楽評論家として、独自の人間生きざま論を投影させ、広く評論活動を展開。50年に及ぶ評論・執筆活動において、一貫して追い求めているテーマが“青春生きざま論”である。そして常に“情熱的”に生きることを若者達に訴え続けている。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング