パナソニック エクセルスタッフ、2014年1月に関係会社の事業統合・組織再編でサービスを強化

PR TIMES / 2013年11月1日 14時8分



パナソニックグループの人材サービス会社、パナソニック エクセルスタッフ株式会社(本社:大阪府大阪市中央区、代表取締役社長:松本 潤)は、2014年1月1日に、子会社の株式会社アロービジネスメイツ(本社:大阪府大阪市中央区、代表取締役社長:多久和 成一)を事業統合するとともに、関係会社の組織再編を行います。

▼[プレスリリース]パナソニック エクセルスタッフとアロービジネスメイツの事業統合について(2013年11月1日)
http://panasonic.co.jp/corp/news/official.data/data.dir/2013/11/jn131101-3/jn131101-3.pdf

■事業統合・組織再編の背景、目的

株式会社アロービジネスメイツは、1988年の設立以来、旧パナソニック電工株式会社100%出資の総合人材サービス企業として、多様化する人材ニーズに対して人と向き合い、お客さまの価値創造・向上に貢献してまいりました。
2012年1月のパナソニックグループ再編をきっかけに、同年4月パナソニック エクセルスタッフ株式会社の完全子会社となり、以来、パナソニック エクセルスタッフ株式会社とともにスタッフの皆さまへの就業先の更なる拡大と、クライアント満足度の一層の向上を目指して新たな協業関係を構築、人材ビジネスにおけるスピーディーで効率的な運営と、安定した経営基盤の確立を図ってまいりました。

一方、変化の激しい雇用環境において、パナソニック エクセルスタッフ株式会社と株式会社アロービジネスメイツのみならず、製造請負・派遣会社であるパナソニック エクセルプロダクツ株式会社、および設計開発の技術特定派遣・請負会社であるパナソニック エクセルテクノロジー株式会社も含めた関係会社4社がそれぞれ蓄積してまいりましたノウハウや経営資源を再編・効率化することで、これまで以上にお客さま価値創造・向上とサービス・リソースの最適化を図ることができるとの確信を得るに至ったため、2014年1月1日をもって会社組織を再編することとなりました。

■会社組織再編の要旨

パナソニック エクセルスタッフ株式会社は、2014年1月1日をもって株式会社アロービジネスメイツを以下のとおり事業統合・組織再編します。
(株式会社アロービジネスメイツを消滅会社、パナソニック エクセルスタッフ株式会社を含む3社を存続会社とします)

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング