リモートワーク推進により眼鏡需要が増加! プロ視点の「スタイリング術」を解説した、眼鏡ガールのスナップ集が発売!

PR TIMES / 2020年10月5日 11時33分

株式会社世界文化社は、2020年9月30日(水)にデジタル版限定『トーキョー眼鏡ガール』vol.00~01を発売いたしました。



[画像1: https://prtimes.jp/i/9728/928/resize/d9728-928-667203-0.jpg ]

[画像2: https://prtimes.jp/i/9728/928/resize/d9728-928-382332-6.jpg ]


新型コロナウイルスの影響でリモートワークが推進された結果、自宅で着用する眼鏡の需要が増加しています。また、大手眼鏡チェーンのJINSでは8月の売上高が既存店ベースで前年比2.2%増になるなど売れ行きが好調です。

そうした動向もあり、普段の生活の中で「眼鏡」のスタイリングに対しての関心が高まっています。
本書『トーキョー眼鏡ガール』では、ドラマやTVCMなどで眼鏡専門のスタイリングを手掛ける、グラスフィッターの森 一生氏が自身で撮り溜めた眼鏡ガールのスナップを厳選。プロの視点でのフレーム選びや、髪型やメイクの色味とコーディネイトなど、眼鏡スタイリング術を解説します。

vol.00は無料となっており、vol.01~05で登場する眼鏡ガールのスナップをダイジェストで紹介します。vol.01~05は価格385円(税込)です。
※本書はデジタル版のみの発売となります


■トーキョー眼鏡ガール vol.01「菜乃花」

[画像3: https://prtimes.jp/i/9728/928/resize/d9728-928-401060-1.jpg ]

“目力”という言葉があるように、目元はその人の印象を大きく左右します。そんな目力アップの究極のアイテムといえば眼鏡ですが、それを有効活用するにはテクニックが必須なのです。第一弾はインスタのフォロワー数43万人越えの菜乃花によるサングラススタイル術。

『トーキョー眼鏡ガール vol.01「菜乃花」』
発売日:9月30日(水)
価格:385円(税込)
https://www.amazon.co.jp/dp/B08J7R6KM9/


■トーキョー眼鏡ガール vol.02「宮瀬 アヤ」

[画像4: https://prtimes.jp/i/9728/928/resize/d9728-928-731599-3.jpg ]

映画やアニメなどにおける眼鏡キャラといえば、いわゆる“ドジっこ”の代名詞。しかしそれは、そもそも眼鏡のサイズが合ってなかったり、眼鏡が曲がっていたりと、眼鏡のスタイリング術が軽視されていたからに他なりません。適切なものを選び、掛けこなせば、眼鏡は究極の“盛り”アイテムとなるのです。第二弾は元popteenのモデルにして女優の宮瀬アヤによるメタルフレームスタイル術。

『トーキョー眼鏡ガール vol.02「宮瀬 アヤ」』
発売日:10月15日(木)
価格:385円(税込)
https://www.amazon.co.jp/dp/B08J7R6KM9/


■トーキョー眼鏡ガール vol.03「西谷 麻糸呂」

[画像5: https://prtimes.jp/i/9728/928/resize/d9728-928-285429-2.jpg ]

今や眼鏡がファッションアイテムの一部である以上、単なる視力矯正のためのツールとして考えていたら、残念ながら似合わないという結果に。眼鏡は単体でセレクトするのではなく、全体のコーディネイトで考えなくてはなりません。第三弾はダンス&ボーカルグループ『フラミングの法則』所属の西谷麻糸呂による眼鏡スタイル術。

『トーキョー眼鏡ガール vol.03「西谷 麻糸呂」』
発売日:10月15日(木)
価格:385円(税込)
https://www.amazon.co.jp/dp/B08J818141/


■トーキョー眼鏡ガール vol.04「長谷川かすみ」

[画像6: https://prtimes.jp/i/9728/928/resize/d9728-928-257303-5.jpg ]

タレントの眼鏡姿はカワイイのに、同じ眼鏡を掛けているはずの自分は……とお悩みの方でも、自身の顔と近づけたい雰囲気を考慮し適切に掛けこなせば確実に近づけられるのです。第四弾は舞台やグラビアなどで活躍する長谷川かすみによるボストンタイプスタイル術。

『トーキョー眼鏡ガール vol.04「長谷川かすみ」』
発売日:10月30日(金)
価格:385円(税込)


■トーキョー眼鏡ガール vol.05「増澤璃凜子」

[画像7: https://prtimes.jp/i/9728/928/resize/d9728-928-210537-4.jpg ]

眼鏡が単なる視力矯正器具だったのは昭和の話。今やファッションの一部として、視力矯正以外の活用術が必須です。第五弾は“シンデレラバストモデル”として注目の増澤璃凜子によるクリアフレームスタイル術。

『トーキョー眼鏡ガール vol.05「増澤璃凜子」』
発売日:10月30日(金)
価格:385円(税込)


<著者プロフィール>
森 一生
15年間アイウェアセレクトショップに勤め、アイウェアに特化したスタイリスト「グラスフィッター」に転身。数々の映画、ドラマ、広告などのアイウェアのコーディネートを担当する。2019年自身のブランド「Re:See」を立ち上げ、東京・原宿に直営店を開店する。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング