阪神阪急六甲有馬連携推進協議会 ロープウェーで12分!2大クールスポット六甲・有馬でお得に節電バカンスを♪六甲・有馬 涼感展望台!空中さんぽプラン

PR TIMES / 2014年7月17日 15時15分

阪急阪神東宝グループの六甲山ホテル、六甲山観光株式会社、株式会社有馬ビューホテルの3社で六甲山・有馬温泉地区活性化を目的に設立した「阪神阪急六甲有馬連携推進協議会」では2014年7月19日(土)~8月31日(日)まで『六甲・有馬 涼感展望台!空中さんぽプラン』を販売いたします。



リリース(PDF)はこちら → http://www.hankyu-hanshin.co.jp/news_release/pdf/20140717_2507.pdf

本プランは乗車時間約12分で六甲山と有馬をつなぐ「六甲有馬ロープウェー」を、車に代わる移動手段として活用する人気の「空中さんぽシリーズ」。特に節電が謳われる夏季に、年間平均気温が市街地に比べ約5~6℃も低い天然のクールスポット・六甲山と、心地よい涼風が朝夕流れる日本有数の湯処・有馬を、より多くの皆様に
安価で気軽に避暑地としてご利用いただきたく、お得な癒しの日帰りプランと宿泊プランを提案いたします。

■「有馬温泉 太閤の湯」は本年2月に7,000平方メートル全面大改装。有馬三名泉の金泉・銀泉・炭酸泉(人工)を26種類のお風呂と岩盤浴で堪能、新設の庭園内ヘルスレーンでは六甲の自然や歴史散策、森林浴ヨーガを楽しめます!
遥か60kmの地中から600万年前の古海水が湧出している奇跡の名湯“有馬温泉”。新登場した「黄金の蒸し風呂」は、日本一の温泉成分濃度を誇る金泉と日本屈指のラジウム量を誇る銀泉の本格的蒸気浴を実現!

■「自然体感展望台 六甲枝垂れ」で山上の風と天然氷を利用した夏季限定のエコ冷風を体験!
冬に屋外の「氷棚(ひょうだな)」で作った天然の氷が貯蔵されている「氷室(ひむろ)」(展望台地下)に六甲山の風をとりこんで冷却し、その冷気を「風室(ふうしつ)」(展望台内部)に送りこむことで自然の涼風を感じることができます。檜造りの建物からは涼風とともに爽やかな檜の香りも漂い、心も身体もひんやり癒されることでしょう。

■ 夜には1000万ドルとも云われる六甲山からの世界有数の夜景もたっぷりとご堪能いただけます!
西は明石海峡大橋や淡路島、南には金剛山や泉州地域の海岸線まで望める見事な眺望が広がります。

■ 六甲山と有馬を約12分でつなぐ「六甲有馬ロープウェー」利用で時間短縮ならびにCO2削減に寄与!
車なら約30分の六甲山・有馬温泉間を乗車時間約12分でつなぐ「六甲有馬ロープウェー」を利用する本プランは、マイカーの二酸化炭素排出削減と同時に移動時間短縮にもつながる時代に合致したエコレジャープランです。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング