GMOインターネット:ドメイン登録サービス「お名前.com」、国内企業に最適な「サードレベル.netドメイン」“.jp.net”商標登録者優先登録(サンライズ)の申請受付開始

PR TIMES / 2012年1月17日 12時58分

2012年1月17日
報道関係各位

GMOインターネット株式会社
================================================================
ドメイン登録サービス「お名前.com」
国内企業に最適な「サードレベル.netドメイン」“.jp.net”
商標登録者優先登録(サンライズ)の申請受付開始
================================================================
 GMOインターネット株式会社(以下、GMOインターネット)が運営する、
ICANN(*1)公認ドメイン登録サービス「お名前.com」(URL:
http://www.onamae.com/)は、「 サードレベル(*2).netドメイン」の
“.jp.net”の一般登録開始に先駆け、本日1月17日(火)より商標登録者優先
登録(サンライズ)(*3)の申請受付を開始しました。

【“.jp.net”ドメインについて】
 “.jp.net”ドメインは、CentralNicがレジストリとして管理している「サー
ドレベル.netドメイン」のうちの1つです。「サードレベル.netドメイン」と
は、セカンドレベルドメイン(*4)が国名を連想させる文字列で、トップレベ
ルドメイン(*5)が「network」を連想させる文字列「.net」で構成されている
のが特徴です。
   “.jp.net”ドメインは、その文字列から「.jp=日本」、
「.net=network」を連想させるため、国内のインターネット関連企業・団体
や、ブランドやサービス用のドメイン名として「(会社名).jp.net」や
「(ブランド名).jp.net」といったドメイン名が数多く登録されることが予
想されています。

 世界的にドメインの登録数が急増している近年、gTLD(*6)の中でも特に人
気の高い“.com”や“.net”ドメインにおいては、英単語を含むドメイン名
や短くて覚えやすいドメイン名などの人気文字列のほとんどが登録済みで、
文字列の空き(空きドメイン)も日々減少しています。“.jp.net”ドメイン
は、新たに開放されるサードレベルドメインのため、“.com”や“.net”ド
メインに空きがないことで取得を諦めていた人気文字列でも、ドメイン名を
取得できる可能性があります。

-------------------------------------------------------------
■ “.jp.net”ドメイン 商標登録者優先登録(サンライズ)について
-------------------------------------------------------------
 商標登録者優先登録(サンライズ)では、商標権などの権利を保護するた
めに、権利の保有者が商標名を使用したドメイン名を優先的に登録申請する
ことができます。サンライズの実施期間中に同一ドメイン名に対して複数の
申請があった場合は、公平性を保つためにオークション(*7)によって登録権
利者が決められます。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング