★自作オーディオ派・必見★ 真空管アンプ作りの最難関「回路図」もカラー実体配線図があれば作れる!!

PR TIMES / 2020年3月4日 10時15分

株式会社誠文堂新光社(東京都文京区)は、2020年3月11日(水)に『自作で楽しむ Hi-Fiオーディオ カラー実体配線図で作る真空管アンプ2』を発売いたします。



[画像1: https://prtimes.jp/i/12109/937/resize/d12109-937-115422-5.jpg ]

カラー実体配線図とオールカラー写真を掲載して、自作オーディオのステップアップを目指す方に大好評!
2019年3月発売『カラー実体配線図で作る真空管アンプ』に続編登場!!

キット製作を卒業し、部品集めからフルスクラッチで作ったオーディオ装置で音楽を聴くことは、オーディオマニアにとっての大きな夢の一つです。
しかし、オーディオ機器の製作には少なからず電気的な知識が必要となります。

[画像2: https://prtimes.jp/i/12109/937/resize/d12109-937-948724-2.jpg ]

特に、真空管アンプ製作において大きな難関となるのは「回路図」です。
本書は、回線図が苦手でも電気配線の接続先がイラストで直感的に理解できるためアンプ作りの大きな手助けとなります。

自作オーディオを中心とした、月刊オーディオ雑誌『MJ無線と実験』に掲載されたカラー実体配線図付きの製作記事から厳選した12作例を掲載。使用パーツなど、現在でも入手できるようにアップデートしています。

オーディオマニアなら挑戦せずにはいられない、部品集めからフルスクラッチでのオーディオ製作。
本書を手に取って、ぜひ挑んでみませんか?
[画像3: https://prtimes.jp/i/12109/937/resize/d12109-937-696409-3.jpg ]

[画像4: https://prtimes.jp/i/12109/937/resize/d12109-937-678658-4.jpg ]

【目次】

[画像5: https://prtimes.jp/i/12109/937/resize/d12109-937-197498-0.jpg ]

【著者プロフィール】
MJ無線と実験編集部
『MJ無線と実験』は、1924年の創刊以来、音と電気に関する情報を掲載している月刊誌です。現在はオーディオ専門誌として、オーディオ機器の紹介と自作記事を中心に展開しています。
https://www.seibundo-shinkosha.net/mj/

【書籍概要】
書 名:自作で楽しむ Hi-Fiオーディオ カラー実体配線図で作る真空管アンプ2
編 者:MJ無線と実験編集部
仕 様:B5判、160ページ
定 価:本体2,700円+税
発売日:2020年3月11日(水)
ISBN:978-4-416-52075-8

【書籍のご購入はこちら】
誠文堂新光社 書籍紹介ページ: https://www.seibundo-shinkosha.net/book/hobby/38977/

【書籍に関するお問い合わせ先】
株式会社 誠文堂新光社
〒113-0033 東京都文京区本郷3-3-11
ホームページ: https://www.seibundo-shinkosha.net/
フェイスブック: https://www.facebook.com/seibundoshinkosha/
ツイッター: https://twitter.com/seibundo_hanbai

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング