トランスコスモス、中国最大のECモールTMALLから5つ星評価を4年連続で獲得

PR TIMES / 2020年3月10日 12時35分

データ活用の付加価値サービスとユーザー中心の運営サービスを提供

トランスコスモス株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長兼COO:奥田昌孝)の100%子会社である上海特思尓大宇宙商務咨詢有限公司(本社:中国上海市、CEO:山下栄二郎、以下、トランスコスモスチャイナ)は2020年2月17日に中国最大のECモールであるTMALLから、2019年下半期におけるTMALLサービスパートナーとして5つ星を獲得しました。



[画像1: https://prtimes.jp/i/183/940/resize/d183-940-341900-0.png ]

TMALL・TMALL国際においては、EC運用サービスを提供するサービスパートナー企業を対象に半年ごとに評価が行われます。トランスコスモスチャイナは高品質な運営サービスによって、2019年上半期に続いてTMALLサービスパートナー5つ星を獲得しました。2016年から4年連続となります。

また、トランスコスモスが資本・業務提携しているEC事業者2社も、5つ星を継続して獲得しました。パーソナルケア・ベビーを中心にオンライン代理販売を手掛ける優趣匯(上海)供応鏈管理有限公司(通称名:UNQ)と、ファッションを中心にEC店舗運営サービスを提供する山東雅諾達電子商務有限公司(通称名:マジックパンダ)です。

[画像2: https://prtimes.jp/i/183/940/resize/d183-940-683830-1.png ]


中国小売市場のニューリテールの発展に伴い、サービスパートナーはEC店舗運営サービスだけでなく、顧客体験価値向上とデータ活用能力を求められるようになっています。トランスコスモスチャイナは2019年にマーケティングソリューションチームを発足し、消費者行動分析やGROW(*)モデルを活用した最適なプロモーションを展開することで、迅速に顧客層を絞り込むことが可能となりました。今後とも、顧客体験の向上とお客様企業の売上拡大に貢献していきます。

(*) 「GROW」はカテゴリーが持続的な成長を実現した4つの要素です。浸透力(Gain)、リピート購入(Retain)、商品価値(bOOst)、関連製品(Widen)で構成されます。

トランスコスモスは1995年に中国市場に進出しており、オフショアサービス事業を開始しました。現在では上海、北京、天津、合肥、西安、長沙、武漢、蘇州、台北などの20都市に拠点と子会社を設立しており、コンタクトセンターを含めたBPO、ECワンストップ、デジタルマーケティング、システム開発などを中国国内や海外のお客様企業向けに提供しています。

トランスコスモスチャイナは、企業のデジタルトランスフォーメーションのパートナーとして、2006年に上海で創立されました。2009年に開始したEC事業では、TMALL、JD、WeChatなどのプラットフォームを通じて、3C製品、アパレル、ベビーケア、玩具、スポーツ、飲料品、楽器、ホーム用品、ホームシアター・オーディオ機器などのお客様企業に、EC店舗・サイト構築、運用、販売チャネル開拓、オンライン・オフラインのデータ統合、システム開発、コンシューマーオペレーションと統合マーケティングのニューリテールサービス(越境ECを含む)などを提供しています。

※トランスコスモスは、トランスコスモス株式会社の日本及びその他の国における登録商標または商標です
※その他、記載されている会社名、製品・サービス名は、各社の登録商標または商標です

(トランスコスモス株式会社について)
トランスコスモスは1966年の創業以来、優れた「人」と最新の「技術力」を融合し、より価値の高いサービスを提供することで、お客様企業の競争力強化に努めて参りました。現在では、お客様企業のビジネスプロセスをコスト最適化と売上拡大の両面から支援するサービスを、アジアを中心に世界30カ国・168の拠点で、オペレーショナル・エクセレンスを追求し、提供しています。また、世界規模でのEC市場の拡大にあわせ、お客様企業の優良な商品・サービスを世界48カ国の消費者にお届けするグローバルECワンストップサービスを提供しています。トランスコスモスは事業環境の変化に対応し、デジタル技術の活用でお客様企業の変革を支援する「Global Digital Transformation Partner」を目指しています。(URL: https://www.trans-cosmos.co.jp)

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング