《掘り出し物件を老後の資産に!》女性におすすめする、投資目的ではなく不動産収入を安定して得る方法

PR TIMES / 2020年3月6日 10時5分

株式会社誠文堂新光社(東京都文京区)は、2020年3月23日(月)に『女子の不動産トリセツ』を発売いたします。



[画像1: https://prtimes.jp/i/12109/944/resize/d12109-944-108648-3.jpg ]

本書は、不動産事業計画を自ら立てることができるようになるための実践書です。
不動産というと「難しい」「リスクが大きい」という印象がありますが、どのような準備が必要でしょうか?

1.頭金を700~900万円貯める
2.住んでいる街の物件をリサーチする
3.3LDK、60平方メートルの中古マンションを買う。
 ローンは15年、金利2.5%で借りる。

などなど…

著者はサラリーマンのかたわら、20年近く不動産を扱ってきました。
そこで培って得たノウハウを、わかりやすく解説します。

なぜ、女子向けなのか?

「真面目に根気よく実践して成果につなげやすいと思っているからです」と著者は語ります。

地道にコツコツ、日々の生活を頑張る方々を応援したい著者が、自身の経験をもって伝える、地域密着型の不動産経営の方法が詰められた一冊です。

[画像2: https://prtimes.jp/i/12109/944/resize/d12109-944-410089-1.jpg ]

[画像3: https://prtimes.jp/i/12109/944/resize/d12109-944-242377-2.jpg ]

【目次】
はじめに
●第1章 おおまかな流れをつかもう
マーケティング/商品企画/調達/営業・広告/財務
●第2章 頭金を貯めよう
プチブルジョワジーになる/出世して頭金を貯める
●第3章 住んでいる街を知ろう
街の選び方
●第4章 ジモティ(地元民)になろう
地元の人と知り合う/信用金庫/賃貸の不動産屋さん/リフォーム屋さん
●不動産用語集
おわりに

【著者プロフィール】
サラリーマン大家-X(サラリーマンオオヤエックス)
1957年、神奈川県生まれ。大手電機メーカーのエンジニアとして働くかたわら、2001年から副業として不動産を所有し、大家業をはじめる。地域密着型の不動産経営を行い、サラリーマン収入とは別に安定した収入を得て、現在に至る。

【書籍概要】
書 名:女子の不動産トリセツ
著 者:サラリーマン大家-X
仕 様:新書判、96ページ
定 価:本体900円+税
発売日:2020年3月23日(月)
ISBN:978-4-416-91994-1

【書籍のご購入はこちら】
誠文堂新光社 書籍紹介ページ: https://www.seibundo-shinkosha.net/book/general/39008

【書籍に関するお問い合わせ先】
株式会社 誠文堂新光社
〒113-0033 東京都文京区本郷3-3-11
ホームページ: https://www.seibundo-shinkosha.net/
フェイスブック: https://www.facebook.com/seibundoshinkosha/
ツイッター: https://twitter.com/seibundo_hanbai

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング