1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

大貫妙子RCA時代の『Cliche(クリシエ)』『SIGNIFIE(シニフィエ)』『カイエ』3作品がSACD Hybridで再発!世界的名匠バーニー・グランドマンのマスタリング音源にて12月8日発売!

PR TIMES / 2021年9月28日 18時45分

大貫妙子がRCA在籍時に発表した『Cliche』(1982年)、『SIGNIFIE』(1983年)、『カイエ』(1984年)の3作品がバーニー・グランドマンのマスタリングによるSACD Hybrid盤にて復刻、12月8日に発売される。



大貫妙子のRCA時代の作品は『MIGNONNE』(1978年)、『ROMANTIQUE』(1980年)、『AVENTURE』(1981年)の3作品が同じくバーニー・グランドマンのマスタリングによるSACD Hybrid盤にて11月10日に発売される。11月10日発売の3タイトルと12月8日発売の3タイトルと併せて、これで大貫妙子のRCA時代の全作品が揃う事となる。

『ROMANTIQUE』『AVENTURE』に続くヨーロッパ三部作完結となった『Cliche』、TVドラマ主題歌にもなった名曲「夏に恋する女たち」を収録した『SIGNIFIE』、映像版「カイエ」のサウンドトラック的アルバムといえる『カイエ』。いずれも大貫妙子のキャリアにおける重要作ばかり。海外から『MIGNONNE』アナログ盤を買い求めるユーザーがTVで取り上げられ、バーニー・グランドマンのマスタリングにて再発された一連のアナログ盤も『MIGNONNE』が完売するなど、大貫妙子の人気は今や日本国外にまで広がりつつある。大貫妙子のキャリアを決定付けたこの6タイトルをぜひこの機会に揃えてお聞き頂きたい。

商品特設サイト:
https://www.110107.com/onuki_RCA

[画像1: https://prtimes.jp/i/20808/952/resize/d20808-952-d5579ea00981c35e9cec-0.jpg ]

『Cliche』
東京とパリで録音された大貫妙子通算6枚目のアルバム。ヨーロッパ三部作遂に完結!東京録音のアレンジは坂本龍一、パリ録音のアレンジは、世界的フィルム・コンポーザーとして知られるフランシス・レイのアレンジや映画「愛と哀しみのボレロ」の音楽監督もつとめたジャン・ムジーが担当。「黒のクレール」「色彩都市」「ピーターラビットとわたし」を含む大貫妙子初期を代表するアルバム。 世界的名エンジニア、バーニー・グランドマンのマスタリング音源によるSACD Hybrid化。オリジナルリリース:1982年9月21日。

1. 黒のクレール
2. 色彩都市
3. ピーターラビットとわたし
4. Labyrinth
5. 風の道
6. 光のカーニバル
7. つむじかぜ(tourbillon)
8. 憶ひ出(memoire)
9. 夏色の服
10. 黒のクレール(reprise)

MHCL 10151
価格:¥3,000(税込)
発売:ソニー・ミュージックダイレクト
[画像2: https://prtimes.jp/i/20808/952/resize/d20808-952-e075bb0e6a689599d53f-1.png ]

『SIGNIFIE』
大貫妙子通算7枚目のオリジナル・アルバム。TVドラマ主題歌にもなった名曲「夏に恋する女たち」を含む全10曲収録。プロデュースは大貫妙子。アレンジャーに坂本龍一、清水信之、鈴木慶一。 カセットテープ版のみ収録だった「みずうみ」をボーナス・トラックとして収録。世界的名エンジニア、バーニー・グランドマンのマスタリング音源によるSACD Hybrid化。オリジナルリリース:1983年10月21日。

1.夏に恋する女たち
2.幻惑
3.SIGNE <記号>
4.PATIO <中庭>
5.ルクレツィア
6.テディ・ベア
7.RECIPE <調理法>
8.アーニャ
9.SIESTA <ひるね>
10.エル・トゥルマニエ <虹の神>
11.みずうみ(ボーナストラック)

MHCL 10152
価格:¥3,000(税込)
発売:ソニー・ミュージックダイレクト
[画像3: https://prtimes.jp/i/20808/952/resize/d20808-952-916081398d4b37915391-2.jpg ]

『カイエ』
RCA最後の作品。レコーディングは日本とパリで行われ、アレンジに坂本龍一、Jean Musyほか清水靖晃、清水信之が参加。NHK『おしゃべり人物伝』テーマ・ソング「宇宙(コスモス)みつけた」が収録。「ラ・ストラーダ」から「夏に恋する女たち」のインスト・ナンバー3曲は、まるでフランス映画のサウンドトラックを聴いているかのような、美しくも切なく、そして圧巻!映像版「カイエ」のサウンドトラック的アルバム作品。「メトロポリタン美術館(ミュージアム)」をボーナス・トラックとして収録。世界的名エンジニア、バーニー・グランドマンのマスタリング音源によるSACD Hybrid化。オリジナルリリース:1984年6月6日。

1.カイエI
2.Amour levant -若き日の望楼-
3.輪舞(ラ・ロンド)
4.Le courant de mecontentment(不満の暗流)
5.カイエ II
6.宇宙(コスモス)みつけた
7.ラ・ストラーダ
8.雨の夜明け
9.夏に恋する女たち
10.「メトロポリタン美術館(ミュージアム)」(ボーナストラック)

MHCL 10153
価格:¥3,000(税込)
発売:ソニー・ミュージックダイレクト

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング