AI、復興チャリティーコラボソング「Come Together ~ 忘れないで」を「全国生徒会サミット」にて披露、8/21配信スタート、8/17にはコラボアイテムリリースイベントも開催!

PR TIMES / 2013年8月12日 20時7分



以前から継続して福島をはじめとした被災地の支援を積極的に行ってきたAIが現在進めている活動が、福島の中学生たちと一緒に福島の復興へのアクションプランを考え、実現にむけてサポートしていくプロジェクト「AIサミット」(http://www.ai-voice.com/)です。

2013年2月、福島県で開催され、AIも参加して行われた「AIサミット」にて、現地の中学生から提案された、「復興チャリティーソングを一緒に作りたい」というアクションプランが、この度、チャリティーソング「Come Together ~ 忘れないで」として完成しました。
この楽曲は、「AIサミット」の母体でもある「全国生徒会サミット」(http://www.send-to2050.jp/) のテーマソングとして、もともと英語詞で作られていた「Come Together」の1番の歌詞を「AIサミット」参加中学校から募集。応募された沢山の歌詞の中からAI自身がワードをピックアップして、日本語詞で作り上げ、新たにレコーディングされたものです。

AIは8月9日(金) 福島”パルセ飯坂” に全国の中学校の生徒会が集って行われた「全国生徒会サミット」にサプライズで参加。今までの「AIサミット」の活動の紹介をした他、当日サミットに参加した中学生約200名と一緒に舞台上で「Come Together ~ 忘れないで」を初披露しました。

ステージ上でAIは、これまでの活動を振り返り
「中学生や高校生たちの熱い思いが、行動となって、広がって、それが誰かのためになることはいいことだと思う。いいことはいい!って胸をはってみんな言ってほしいし、是非今後もみんながんばってほしい」と話していました。
このチャリティーソング「Come Together ~ 忘れないで」は8月21日(水)にダウンロード配信をスタート、収益の一部は、福島をはじめとする被災地の子供たちから未来のリーダーを育てる基金に使用されます。

また、やはり、「AIサミット」にて中学生から提案され、実現に向けて動いていたチャリティーTシャツ&マスクがついに完成しました! AIからのサポート呼びかけに対し、ナルミヤ・インターナショナル(以下ナルミヤ)、GYDA、gonoturnら多くのアパレルブランドからの申し出があり、7月にはナルミヤのブランド「LOVETOXIC(ラブトキシック)」よりAIサミット復興チャリティーTシャツ第一弾が完成、特別店頭販売も実施しました。
続く、第二弾のアイテムも完成し、8月17(土) 、SHIBUYA 109にてチャリティコラボアイテム購入者を対象とした「撮影&握手会」の開催も決定しました。
当日、SHIBUYA109内にある「GYDA」(コラボTシャツ)および「3rd by VANQUISH」(gonoturnコラボマスク)店舗にて、当日対象商品お買い上げのお客様を対象に各店舗参加整理券を配布します。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング