1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

冬休みからの入試直前対策に役立つ重要ポイントチェック教材提供で高校受験生を応援! 進研ゼミ高校講座が「入試によく出る基礎デジタル」を無償公開

PR TIMES / 2021年12月21日 17時15分

■アタマにするする入ると中学講座会員に人気の「入試によく出る基礎デジタル」の一部を公開
■スマホで効率的に、高校入試によく出る重要事項を総点検、短期集中マスターできる
■取り組みに応じてLINEポイントがもらえるキャンペーンも実施

 株式会社ベネッセコーポレーション(本社:岡山県岡山市、代表取締役社長:小林 仁、以下:ベネッセ)の「進研ゼミ高校講座」は、コロナ禍の影響で高校入試に対しても不安を持つ受験生が多いことから、冬休みをきっかけとして不安を払拭し自信に変えていただけるよう、「進研ゼミ中学講座」の人気教材「入試によく出る基礎デジタル」の一部である<5教科基礎 一問一答>を12月20日(月)から無償で公開しました。本サービスは、LINEミニアプリ「StudyPLAZA進研ゼミ高校講座」で展開、どなたでも無料でご利用いただけます。



 無償公開する「入試によく出る基礎デジタル」は、英数国理社5教科の中学3年間の履修範囲から高校入試に出やすい重要事項を一問一答形式で確認。間違えた問題だけを繰り返し取り組めるので、重要事項を短期間で集中的に総点検し、完全マスターできます。スマートフォンで取り組めるので、スキマ時間や電車やバスの移動中などで活用いただけます。
 また、12月20日(月)~1月19日(水)まで合計正答数が100問に到達するとLINEポイント20ポイントを先着5万人にプレゼントするキャンペーンも行います。
「進研ゼミ高校講座」は、高校受験本番に向けての様々な「不安」を取り除き、自分の力を全力で出しきっていただけるよう、全国の高校受験生を継続的にサポートしてまいります。

本サービスの背景
 2020年3月の一斉臨時休校以来、コロナ禍がもたらす子どもたちの学習影響調査を継続して実施。昨年同時期に比べ、「一斉休校が実施された中学2年生までの学習内容がテストや入試に出題されたとき解けるかどうか不安」「テストでよい点がとれるか不安」の両項目で不安が高くなっていることがわかっています。

前学年で学んだ内容への定着や、日々のテスト対策に不安をもつ受験生が昨年より増加

[画像1: https://prtimes.jp/i/120/989/resize/d120-989-17f4325fc66f10d705b5-0.png ]

調査名:親子の生活における新型コロナウイルス影響調査 調査時期:2020年3月下旬より毎週実施
調査対象:全国47都道府県在住の約170世帯(新中3生のお子様がいる世帯)
調査方法:インターネット調査

[画像2: https://prtimes.jp/i/120/989/resize/d120-989-c53f1266782a8252b16b-4.png ]

本サービス概要
■公開期間
2021年12月20日(月)~2022年3月31日(木)
※終了日は変更になることがあります

■利用方法
LINEからLINEミニアプリ「StudyPLAZA進研ゼミ高校講座」にアクセス。
下記URL・QRコードからもアクセスできます。
https://liff.line.me/1656600309-zV73R1R3
※LINEユーザーに限ります
※お手持ちのスマートフォンをご利用ください

■教材内容
中学3年分の英数国理社5教科対応。一問一答形式で1000問以上収録。
・中学3年生対象
※「進研ゼミ中三受験講座」会員の方や「進研ゼミ高1講座」入会ご予約中の方が利用できる「入試によく出る基礎デジタル」の一問一答部分からの出題となります。
[画像3: https://prtimes.jp/i/120/989/resize/d120-989-c03fc39f0918287e4e93-6.png ]

英数国理社5教科対応。1000問以上収録

[画像4: https://prtimes.jp/i/120/989/resize/d120-989-6525289d96d623dafda8-7.png ]

中学3年分の中から入試に出やすい重要な部分を厳選して、一問一答形式で確認できる。
解答解説つき
[画像5: https://prtimes.jp/i/120/989/resize/d120-989-7aaac48e9f655b519461-8.png ]

間違った問題に絞って取り組むこともできるので、あやふやな部分もしっかり定着できる


「入試によく出る基礎」参加キャンペーン概要
■キャンペーン期間
2021年12月20日(月)~2022年1月19日(水)

[画像6: https://prtimes.jp/i/120/989/resize/d120-989-64ffdc20713544b285a8-5.png ]


■参加方法
LINEミニアプリ「StudyPLAZA進研ゼミ高校講座」メニューアイコンからキャンペーンページにアクセスしてエントリーし、一問一答に挑戦。合計正答数に応じて先着でLINEポイントプレゼント。
※現在「進研ゼミ中三受験講座」ご受講中、「高1講座」の入会予約中でご利用いただいている「入試によく出る基礎デジタル」の取り組み履歴は連動しません。本キャンペーンに参加する場合は、このアプリでの取り組みが別途必要です。

■プレゼント内容
1.100問解いた方 先着50,000名様にLINEポイント20pt
2.1000問解いた方 先着300名様にLINEポイント980pt

<参考情報>
■授業・定期テスト対策から志望大合格を支援「進研ゼミ高校講座」( https://kou.benesse.co.jp/
「進研ゼミ高校講座」は、高校1年生から高校3年生のお子様の進路・進学を総合的に支援する家庭学習サービスです。 現中3生には、高1講座の早期予約特典として5教科の入試直前対策教材をお届けし、志望校合格から支援しています。 高1・高2 生向けの講座は、通学校の教科書や授業進度に対応。テキストとスマートフォンを用いた効率的な学習法で、 短時間でもしっかりと基礎力を身に着けることができます。高3 生向けの講座は豊富な入試データ分析をもとに開発した志望大レベル別の受験学習教材や大学入学共通テスト対策や推薦AO入試対策など、お一人おひとりの志望大進学を強力にサポートする「合格プラン」をご用意しています。
2021年度は東大・京大など旧帝大に800名以上、国公立大に8700人以上、早慶上理大に1000人以上が「進研ゼミ高校生向け講座」で現役合格を勝ちとっています。
 ☆進研ゼミ高校講座の大学合格実績: https://kou.benesse.co.jp/jisseki/
 ※「進研ゼミ高校生向け講座」は、進研ゼミ高校講座・小論文特講を指し、これらの受講経験者への進路調査(2020年・2021年度入試)による数字です。
 ※「旧帝大」とは、北海道大、東北大、東京大、名古屋大、京都大、大阪大、九州大のこと、「早慶上理」とは、早稲田大、慶應義塾大、上智大、東京理科大のことです。
 ※「現役」のみの合格実績を掲載。既卒生や進研模試のみの受験者は一切含みません。
 ※受講期間3か月以上に相当する受講経験者で集計しています。
 ※大学名は、2021年度入試時点のものです。
 ※複数の大学・学部・学科・方式に合格している方は、複数の合格者数として集計しています。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

10秒滞在

記事を最後まで読む

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください