【パズドラ】「全国都道府県対抗eスポーツ選手権2020 KAGOSHIMA パズドラ部門」協賛が決定!

PR TIMES / 2020年11月25日 18時45分

15名の都道府県代表によるアツいバトルがはじまる!

オンラインにて開催される「全国都道府県対抗eスポーツ選手権2020 KAGOSHIMA パズドラ部門」にて、JeSU認定eスポーツタイトル『パズドラ』の日本No.1プレイヤーを決める大会が行われます。



[画像1: https://prtimes.jp/i/25063/996/resize/d25063-996-691552-0.jpg ]

【URL】 https://pad-esports.gungho.jp/kagoshima/

 本大会は、2020年11月上旬にスマートフォン向けパズルRPG『パズル&ドラゴンズ』(通称『パズドラ』)のゲーム内にて全国予選大会を行い、上位15名を選出。同年12月中旬に予定されている『パズドラバトル』を使用した代表予選大会を勝ち抜いた7名と、開催地である鹿児島県代表の1名の計8名による『パズドラ』No.1プレイヤーを決める大会です。プロ、アマチュアを問わず参加ができ、アマチュア選手が優勝すると『パズドラ』プロライセンスの認定権利を獲得することができます。

 この度、「全国都道府県対抗eスポーツ選手権2020 KAGOSHIMA パズドラ部門」の協賛が決定いたしました。本大会は「明治アーモンドチョコレート」「ガーミンジャパン」「ヨネックス」の各ブランドにご協賛いただいております。

[画像2: https://prtimes.jp/i/25063/996/resize/d25063-996-498228-2.jpg ]

 
 なお、代表予選大会は『パズドラバトル』の「バトル」を用いて、オンラインにて行います。『パズドラバトル』は2020年12月1日(火)よりシーズン6が開幕いたします。シーズン6は「ようこそ!たまドラの里まつり★」です。『パズドラバトル』のアプリアイコンでもお馴染みの「たまドラ」をリーダーとした構築済みチームなどが登場します。バトル中には「たまドラ」がいつもとは違う様々な表情やアクションを見せてくれます。また、シーズン6開始記念として、構築済みチームなどが購入できる25,000ゴールドを皆様にプレゼントいたします。代表予選大会に参加される方もそうでない方もぜひ、『パズドラバトル』シーズン6を、かわいらしい「たまドラ」と一緒にお楽しみください。

[画像3: https://prtimes.jp/i/25063/996/resize/d25063-996-893738-1.jpg ]

▼『パズドラバトル』シーズン6「ようこそ!たまドラの里まつり★」
https://padr.gungho.jp/season/201125/index.html

 代表予選大会までまもなくです。詳細は後日お知らせいたします。『パズドラ』No.1プレイヤーの座に輝くのは誰なのか。どうぞご期待ください。

▼大会の流れ

[表: https://prtimes.jp/data/corp/25063/table/996_1.jpg ]



【全国都道府県対抗eスポーツ選手権について】
全国都道府県対抗eスポーツ選手権は、昨年茨城国体・大会文化プログラムとして実施した「全国都道府県対抗eスポーツ選手権 2019 IBARAKI」に引き続きの2度目の開催となります。47都道府県から選手を招待して行われ、各ゲームタイトルの全国王者を決定します。

●全国都道府県対抗eスポーツ選手権公式サイト
https://jesu.or.jp/zenkokuesports/

※ 社名、ロゴマーク、商品名およびサービス名は商標または登録商標です。
※ 記載されている内容は、発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります。


『パズドラ』とは



[画像4: https://prtimes.jp/i/25063/996/resize/d25063-996-681656-3.jpg ]

スマートフォン向け定番パズルRPG『パズル&ドラゴンズ』をはじめ、『パズドラバトル』などのゲームの他、 アニメやマンガ、玩具に至るすべてを含むコンテンツの総称です。

また『パズドラ』はJeSU認定のeスポーツタイトルです。 誰でも参加が可能なプロ認定大会「パズドラチャレンジカップ」や 認定プロと一般プレイヤーが対戦可能な賞金制大会「パズドラオープンカップ」などを開催しています。 JeSU認定のプロが『パズドラ』の最高峰を目指す「パズドラチャンピオンズカップ」も開催されます。

コピーライト表記 :(C) GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング