車載・ポータブルAV機器用 地上デジタル放送受信フロントエンドLSIを開発~チューナと復調機能の4ダイバーシティ対応をシングルチップで実現、機器のコスト削減と低電力化に貢献

PR TIMES / 2013年12月13日 13時18分



パナソニック株式会社は、地上デジタル放送規格(ISDB-T/Tmm/Tsb・DVB-T)[1]に準拠し、RFチューナを統合した4ダイバーシティ[2]対応DTV復調LSI (品番:MN88541)を業界で初めて(※1)シングルチップにて開発、2013年12月よりサンプル出荷を開始します。お客様ニーズに応じて、2ダイバーシティ仕様のラインナップ(品番:MN88541D)も提供します。

▼「地上デジタル放送受信フロントエンドLSI」の商品情報
http://www.semicon.panasonic.co.jp/jp/products/systemlsis/mobilewireless/
▼「地上デジタル放送受信フロントエンドLSI」の商品リリース(2013年12月13日)
http://panasonic.co.jp/corp/news/official.data/data.dir/2013/12/jn131213-1/jn131213-1.html

【効果】
本製品を使用することにより、車載・ポータブルAV機器等の地上デジタル放送受信機能をより高感度、小型、低消費電力で実現可能であり、システムコスト削減に貢献します。

【機器のコスト削減と低電力化に貢献するRF統合4ダイバーシティDTV復調LSIの特長】
本製品は以下の特長を有しています。
1.RFチューナとOFDM[3]復調回路を各4系統、および誤り訂正用メモリ[4]をシングルチップに統合。小型BGAパッケージ採用により基板実装面積を大幅に削減すると共に、中継局サーチ等のシステム設計自由度を向上。
2.ISDB-Tフルセグ時の受信感度を約25%向上(※2)すると共に、移動時の速度限界を約50%向上(※2)。さらに地上波特有のマルチパス妨害[5]耐性強化により、業界最高水準(※1)の受信性能を実現。
3.ISDB-Tフルセグ受信時の消費電力を約40%削減(※2)。機器の省エネ化と周辺部品コストの合理化を実現可能。

【内容】
本製品は以下の技術によって実現しました。
1.高感度なRFチューナをDRAM混載プロセス上に搭載可能とする高周波回路設計技術
2.車載・ポータブルAV機器の移動受信に最適なOFDM復調性能を実現する高精度伝送路推定・等化処理技術
3.低電圧動作でも高感度を実現するRFチューナ技術、およびデジタルアシスト技術

【従来例】
車載・ポータブルAV機器等の移動受信端末におけるダイバーシティ対応DTVフロントエンド回路において、高精度なアナログ特性を必要とするRFチューナと、大容量のメモリが必要な復調部は半導体プロセスが異なるため、別チップ構成による実現が一般的でした。別チップ構成では、機器のコスト削減や小型化が困難なため、シングルチップ化のニーズが高まっていました。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング