GMOグローバルサイン社、北米エネルギー規格委員会(NAESB)の指定認証局に認定~エネルギー産業ポータルサービス「WebRegistry」登録者向け電子証明書を提供~

PR TIMES / 2012年5月16日 15時59分

2012年5月16日
報道関係各位

GMOグローバルサイン株式会社
============================================================
北米エネルギー規格委員会(NAESB)の指定認証局に認定
~エネルギー産業ポータルサービス「WebRegistry」登録者向け
 電子証明書を提供~
============================================================
 GMOインターネットグループのGMOクラウド株式会社の連結会社で、電子
認証サービスを展開する米国GMO GlobalSign Inc. (代表取締役社長:Steve
Waite 以下、GMOグローバルサイン社)は、北米エネルギー規格委員会(以下、
NAESB)の指定認証局として認定されましたので、お知らせいたします。

【指定認証局への認定について】
 NAESBとは、北米において天然ガス及び電力のシームレスな卸・小売市場の
活性化を目的としたビジネス規範・規格の策定と、普及促進を目的とする非
営利の規格策定・普及推進組織で、電力の管理・運用、販売などを支援する
エネルギー産業ポータルシステム「WebRegistry」を運営しています。
 「WebRegistry」は、エネルギー市場に関わる事業者が登録できますが、特
にエネルギー販売を行う電力卸売事業者や規格委員会1*などのNAESBメンバー
には登録が義務付けられています。
 「WebRegistry」のシステムにアクセスするには、NAESB認定電子証明書が
必要となり、この証明書を発行する指定認証局としてGMOグローバルサイン社
が認定されました。これは、かねてからGMOグローバルサイン社が電力卸売事
業者やエネルギー売買に関わる事業者をインターネット上の脅威から守るた
め、Wholesale Electric Quadrant(WEQ)-12PKI(以下、WEQ-12)の標準化
や改良に積極的に努めており、NAESBの規定する様々なセキュリティ要件や仕
様を満たしていた結果と考えています。
 今後もGMOグローバルサイン社は、皆さまが安心して電力取引ができる環境
の整備に努めてまいります。

*1:国全体や地域ごとに電気やガスのエネルギーの生産や、販売事業者の
  監督、消費者保護、価格の抑制などを行う独立した規格委員会です。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング