奥田民生のソロ・デビュー20周年記念本! 『ラーメン カレー ミュージック』10月21日発売!

PR TIMES / 2014年10月21日 20時15分

角川マガジンズブランドカンパニー

株式会社KADOKAWA 角川マガジンズ ブランドカンパニー(本社:東京都千代田区 代表取締役社長:松原眞樹 、ブランドカンパニー長:馬庭 教二 )は、2014年10月21日に、別冊カドカワの本『ラーメン カレー ミュージック』を発売いたしました。



奥田民生の“音楽人生” 20年の足跡を語る!

「ラーメンとカレーは昔から僕にとってはデカい存在だった。
ラーメンとカレーとミュージック、それぞれが並ぶくらいの力があるような気がしている」。

そう語る奥田民生のソロ・デビュー20周年記念本、『ラーメン カレー ミュージック』。
ソロでデビューした当時のこと、大好きなギターのこと、ユニコーンのこと、そしてプロデュースワークまで。
これまでの名曲とともに、ソロミュージシャン、奥田民生の20年の“音楽人生”を語り起こす1冊です。

【内 容】
・道草
・「愛のために」
・生涯1バンド
・「息子」
・ミュージシャンたるもの   …and more

今年10月21日、ソロ活動20周年を迎える奥田民生。
『ラーメン カレー ミュージック』では、そんな彼のソロ活動20年のミュージシャンとしての足跡とともに、来年50歳を迎える奥田民生が考える“ミュージシャン道”を語っています。
これを通し“ゆるく見えて、ゆるくない”その稀有ともいえる「奥田民生という存在」を感じることができる内容です。
また、トータス松本、木村カエラ、阿部義晴(ユニコ―ン)、所ジョージ、笹路正徳など関係性の深い方々からのスペシャルメッセージも収録。
さらに、ギター、アンプ、サングラス、タバコ、ジーンズなどの愛用品も紹介!
立体的に「奥田民生の音楽」の魅力を感じることができます。

【著者プロフィール】奥田民生
1965年、広島県生まれ。1987年、ユニコーンのボーカリストとしてデビュー。1993年に解散後、翌年10月21日にシングル「愛のために」でソロ活動を本格的にスタート。以後、井上陽水とのコラボレーションや、プロデューサーとしてPUFFY、木村カエラを手掛ける他、The Verbsの正式メンバーとしてレコーディングやツアーを行うなど幅広く活躍。2009年にはユニコーンが再結成。またソロとしても、弾き語りで故郷の広島市民球場(初代)や宮島・厳島神社でのライブを敢行、2010年3月には「奥田民生ひとりカンタビレ」と題し、前代未聞のひとりレコーディングライブツアーを行うなど、独自の音楽スタイルでリスナーのみならず、多くのミュージシャンから愛されているアーティスト。


別冊カドカワの本
「ラーメン カレー ミュージック」
発売日:2014年10月21日(火)
著者:奥田民生(おくだ たみお)
体裁:四六判・298ページ
定価:本体1500円+税
発行:株式会社KADOKAWA
角川マガジンズBC

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング