GMOクラウド、「GMOクラウド 専用サーバー」 大幅リニューアル ~SSD、ioDriveに対応、マネージドサービスによる運用代行も提供~

PR TIMES / 2012年6月20日 16時1分

2012年6月20日
報道関係各位

GMOクラウド株式会社
===============================================================
「GMOクラウド 専用サーバー」 大幅リニューアル
~SSD、ioDriveに対応、マネージドサービスによる運用代行も提供~
===============================================================
 GMOインターネットグループのGMOクラウド株式会社(代表取締役社長:
青山 満 以下、GMOクラウド社)は、お客様のニーズにお応えするべく、主
に以下の項目を実現する「GMOクラウド 専用サーバー」のリニューアルを行
い、本日2012年6月20日(水)より提供開始いたします。

1.超高速ストレージ「SSD520」「ioDrive2(MLC)」を採用し、サーバー処
  理能力のさらなる高速化を実現。

2.マネージドサービスを利用できるようにすることで、ユーザーの運用負荷
  の軽減が可能に。

3.従来のプランを回線の強化を優先したプランと低価格を優先したプランに
  分け、お客様の用途に合わせたサーバーの選択が可能に。

 また、サービスのリニューアルを記念した2種類のキャンペーンを本日より
実施いたします。

【リニューアルの目的と背景】(URL:http://private.gmocloud.com/?id=pr
 「GMOクラウド 専用サーバー」は、高い信頼性と充実したサポート体制を
備えた専用ホスティングサービスで、低価格なプランからハイスペックなプ
ランまでの充実したプラン構成に加え、サーバー運用代行サービスの提供で、
お客様の多様なニーズに対応するサービスの提供に努めています。
 近年では、専用サーバーを利用するお客様のニーズが多様化しており、中
でも専用サーバーとパブリッククラウドの併用へのニーズが高まりつつあり
ます。同時に、サーバー処理能力を含むシステム全体のパフォーマンスにお
いてもパブリッククラウドと同様のレベルが専用サーバーに求められていま
す。
 GMOクラウド社では、こうしたお客様の声にお応えすべく、この度大幅なサー
ビスリニューアルを行いました。

【リニューアル後の「GMOクラウド 専用サーバー」 3つの特長】
-----------------------------------------------------------
特長1. 利用目的に合わせて選べる豊富なサービスラインナップ
-----------------------------------------------------------
 これまでのプラン内に、低価格で手軽さを優先させた「バリューシリーズ」
と、高速処理・高速回線を優先させた「マスターシリーズ」を新たにご用意
しました。
 「マスターシリーズ」は、「GMOクラウドPublic」と親和性が高く、ローカ
ルネットワーク接続が可能なため併用に最適です。
(詳細は【参考資料】 URL:http://www.gmo.jp/news/article/?id=4005
をご覧ください。)

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング