青果の取り扱い拡大のお知らせ

PR TIMES / 2019年12月13日 10時45分

第一弾「不揃いりんご」を全国の30店舗で発売



[画像: https://prtimes.jp/i/987/1037/resize/d987-1037-947444-0.jpg ]

 無印良品を展開する株式会社良品計画(東京都豊島区/代表取締役社長 松崎 曉)は、無印良品銀座や無印良品京都山科など一部店舗のみであった青果の取り扱いを、全国の無印良品に拡大いたします。その第一弾として「成田農園の不揃いりんご」を、12月14日(土)より、全国の無印良品30店舗で発売を始めます。

 無印良品は、生活者や生産者に配慮した商品・サービスを通して、世界の方々のくらしの役に立つ店舗でありたいと考えています。衣・食・住のくらしの営みはそれぞれ密接に関連しており、中でも「食」はその中心となるものです。しかしながら、都市生活者にとって、食の生産現場である畑や農場、漁場は遠い存在となり、食べ物は単に商品として消費されるものとなっています。多くの商品は、名前や価格にのみ注目され、そこに込められた生産者たちの想いや数々の工夫といった情報は知らされていないのが現状です。

 無印良品は、産地での生産環境や、収穫後に消費地に運ばれるまでの過程と向き合い、無理・無駄の排除に努めています。また、そういった産地の状況を、商品とともに店頭やWEB上でお伝えすることで、生産者と生活者の距離を縮める一助になれればと考えています。工業製品ではない野菜や果物は、ひとつひとつ形も味も異なって当たり前という視点で「おいしい」の価値を見直し、一般の規格から外れた青果を年間を通じて展開していきます。今回はその第一弾として、青森県弘前市で昭和初期から90年続くりんご農園を続けている成田農園の不揃いりんごを販売いたします。

■「成田農園の不揃いりんご」商品情報
軸がなかったり、キズやシミ、色ムラがあるりんごです。見た目は不揃いですが、おいしさは変わりません。
・商品名: 青森県弘前市成田農園の不揃いりんご(フジ)
・規格: 1個
・税込み価格: 99円
・販売開始日: 2019年12月14日(土) ※なくなり次第終了

・取り扱い店舗: 限定30店舗無印良品 銀座, MUJIcom 武蔵野美術大学市ヶ谷キャンパス, 無印良品 池袋西武, 無印良品 錦糸町パルコ, 無印良品 上野マルイ, 無印良品 渋谷西武, 無印良品 ルミネ立川, 無印良品 新宿, 無印良品 セレオ八王子, 丸井吉祥寺店無印良品, 無印良品 イーアスつくば, 無印良品 柏ステーションモール, 無印良品 越谷レイクタウン, 無印良品 ららぽーとTOKYO−BAY, 無印良品 ららぽーと新三郷, 無印良品 イオンモール木更津, 無印良品 キュポ・ラ川口, 無印良品 本川越ペペ, 無印良品 静岡パルコ, 無印良品 横浜ジョイナス, 無印良品 ららぽーと沼津, 無印良品 ラゾーナ川崎, 無印良品 新百合丘オーパ, 無印良品 テラスモール湘南, 無印良品 たまプラーザテラス, 無印良品 小田急町田, 無印良品 札幌ステラプレイス, 無印良品 仙台ロフト, 無印良品 宇都宮インターパークビレッジ, 無印良品 シエスタハコダテ

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング