【被災地レポート】熊本地震から2年、サッカー選手・巻誠一郎と熊本の今

PR TIMES / 2018年4月13日 16時1分

LINE NEWSオリジナルインタビュー



LINE株式会社が運営する、月間利用者数6,000万人を超えるニュースサービス「LINE NEWS」では、LINE NEWS編集部独自の視点で各界のキーパーソンの今に切り込むオリジナルインタビュー企画を2017年10月より公開しております。
今回は、ロアッソ熊本の巻誠一郎選手への独占ロングインタビューを公開いたします。お忙しい中、誠に恐縮ではございますが、是非ご覧いただきご掲載いただけますと幸いです。


記事全文はこちら▶ https://lin.ee/blzifrH
________________________________________
熊本地震によるがけ崩れで、住民の多くが地元を離れることを余儀無くされた南阿蘇村・立野地区への訪問をはじめ、益城町の西村博則町長や立野出身のパラアスリート 中尾有沙さんとの面会など、地元熊本の復興支援活動を続けるロアッソ熊本の巻誠一郎選手の被災地レポートをお届けします。
[画像: https://prtimes.jp/i/1594/1049/resize/d1594-1049-663810-0.jpg ]


少しでも伝えたい、熊本の「現在」──
「オシムさんは昔「巻はジダンになれないが、ジダンも巻にはなれない」って言ってくださいました。自分にしかできないことは、必ずある。僕は熊本に生まれて、今も熊本にいる。だからこそ足を運んで、自分の目で見る。」

「熊本地震はまだ終わっていない」──
「これが、現実です。2年たって、記憶が風化しそうになっていますが、熊本地震はまだ終わってない。今もなお大変な思いをしている方は、たくさんいます。まずはこの橋のたもと、立野地区の皆さんに、会っていただきたいと思います。」

「当時、SNSでいただくコメントは、すべて見るようにしていました。そういう生の情報こそが、避難されている方の助けになるものだと思っていましたから。」

熊本のために何かをしたいと思ったから──
「地震のショックから立ち直れたのは、巻さんのおかげです。今、やるべきこと。そちらに目を向けさせてくれました。引退して帰ってきたのも、巻さんのように、熊本のために何かをしたいと思ったからです」
「うちの子は、大津の学校に移った当初は地震のショックもあって、登校したくないと言っていました。それが、避難所に巻選手が顔を出してくれるようになって、みるみる元気になったんです」

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング