新生「渋谷PARCO」 2019年11月22日(金)グランドオープン!

PR TIMES / 2019年8月20日 22時40分

M/M (Paris)によるオープン広告第1弾(TEASER編)公開、アートウィンドウ第1弾アーティスト田名網敬一、パルコ編集型売場GEYSER PARCO・PORT PARCO出店店舗決定

株式会社パルコ(本部:東京都渋谷区、代表執行役社長:牧山浩三、以下パルコ)は、渋谷PARCOを2019年11月22日(金)にグランドオープンします。




[画像1: https://prtimes.jp/i/3639/1067/resize/d3639-1067-442603-0.png ]



【 渋谷PARCO オープン広告第1弾 TEASER編】 グラフィック(5種)

■M/M (Paris)によるオープン広告第1弾「TEASER編」公開
 オープン広告のクリエイティブディレクターは、LOEWE、Alexander McQUEENなど数々のビッグメゾンやデザイナーとのコラボレーションワークで知られるフランスのクリエイティブユニット「M/M(Paris)」(エムエムパリス)、フォトグラファーは、Miu Miu、Louis Vuittonなど広告キャンペーン撮影で知られるViviane Sassen(ヴィヴィアン・サッセン)を再起用しました。
 M/M(Paris)は、2014年AW~2018年SSまでの4年間、パルコのシーズン広告を制作。M/M(Paris)とViviane Sassen のタッグは、2014年AW~2016年SS(2年間)以来となります。
 PARCO 2019AW広告と連動したコンセプトで、ユニークなキャラクターとして具現化された5つの文字(P・A・R・C・O)がパルコを描いていきます。「P=FASHION」をファッションモデルが表現し、「A・R・C・O」を、それぞれの文字を模したビッグシルエットのコスチュームを身にまとったパフォーマーたちが演じます。

第2弾広告の「OPENING」編は10月上旬に公開予定。M/M(Paris)が描く「PARCOワールド」が、渋谷PARCOオープンの期待感を創出させます。

(C)2019 PARCO CO.,LTD.

MOVIE 30秒・15秒 ※WEBサイトでご覧いただけます
【 渋谷PARCO オープン広告第2弾 OPENING編】
グラフィック(3種)・MOVIE(30秒・15秒)は、2019年10月上旬公開予定

「PARCO CULTURE」を描く、2019AW広告・渋谷PARCO オープン広告第1弾(TEASER編)は、下記キャンペーンサイトでもご覧いただけます。
「PARCO 2019AW サイト」  https://parco.jp/style/
キャンペーン期間:2019/8/20(火)~2020/2/15(土)

■アートウィンドウ第1弾アーティスト田名網敬一
 渋谷PARCO1階を貫いて、ペンギン通りとオルガン坂をつなぐ「ナカシブ通り」。この24時間通行可能な通路のオルガン坂側2階壁面に設置されるアートウィンドウ(幅約17メートル×高さ約3メートル)に、オープンから半年間限定で、アーティスト田名網敬一によるスペシャル・インスタレーションが公開されます。田名網ワールドのキャラクターたちが、巨大なウィンドウいっぱいに、電撃的に跳梁する前代未聞のサイケデリック・ショーは、期間中、連日連夜繰り広げられます。
[画像2: https://prtimes.jp/i/3639/1067/resize/d3639-1067-508437-11.jpg ]



田名網敬一(たなあみけいいち)
1936年東京生まれ、武蔵野美術大学卒業。1975年「月刊プレイボーイ」日本版創刊時のアートディレクターを
務める。また、1991年以降京都造形大学の教授として若手アーティストの育成に尽力。2015年、アメリカとイギリスで開催された2つのポップアートの回顧展に出展し、日本を代表する現代アーティストとして国際的に評価される。Dior、Louis Vuitton、Marc Jacobs、STUSSY、adidas Originalsなど、ファッションブランドとのコラボレーションも多数。
(C)Keiichi Tanaami Photo: Keizo Kioku / Courtesy of the artist and NANZUKA

■パルコ編集型売場GEYSER PARCO(3F)・PORT PARCO(4F)出店店舗決定
 パルコが運営する編集型売場GEYSER PARCO(ガイザーパルコ)・PORT PARCO(ポートパルコ)の出店店舗が決定しました。GEYSER PARCOには初直営店3店舗を含む8店舗、PORT PARCOには初直営店1店舗を含む4店舗がオープンします。パルコが内装・造作をプロデュースし、集合レジ・共通フィッティングなどを設け、出店しやすい環境を整え、次世代ファッションデザイナーやブランドのインキュベーションを目的とした売場です。

▶ GEYSER PARCO (3F)

[画像3: https://prtimes.jp/i/3639/1067/resize/d3639-1067-471077-10.jpg ]

GEYSER PARCOのネーミングとロゴ・ヴィジュアルのアートディレクションを、アートディレクターとして幅広く活躍するYOSHIROTTEN率いるクリエイティブチームYARが手がけました。ブランドの個性や勢いを“GEYSER=間欠泉”という言葉で表現しました。

YAR(ヤール)
グラフィックアーティスト・アートディレクターのYOSHIROTTENが主宰する各方面のスペシャリストが集まるクリエイティブスタジオ。アートディレクションとグラフィックデザインを軸に、映像、WEB、プロップ製作、空間演出、内装デザインなど、多くのクリエイティブコラボレーションを手がける。また、コミッションワーク以外の活動も頻繁に行い、 東京、ロンドン、ベルリンなどでエキシビジョンも開催している。
www.yar.tokyo

▶ ショップラインナップ

▶ ELIN(エリン)<レディス>  初直営店
マスキュリンをベースに、エレガントかつナチュラルなエッセンスをプラスしたデザイン。
譲れない女性らしさ、多面性のある魅力や着用したときに高揚感を感じさせる服を提案します。

▶ Greed International Tokyo Store 
(グリードインターナショナルトウキョウストア)<レディス> ビルイン初
テキスタイルをこよなく愛するデザイナーの「良い洋服は、良い素材から」というデザイン哲学に基づき、厳選された素材とその美点を生かす服作りにこだわり抜くことで完成する「美しさと肌触り」を纏う最上のコレクションを展開します。
メインブランド「Greed International」に加え、「Bed & Breakfast」、「Oh,Sherry」を含むオリジナル3ブランドを取り扱う直営店舗です。

▶ AULA(アウラ)<レディス>
ラテン語・イタリア語でオーラ、「輝き」という意味を持つAULA。
しなやかで凛とした強さを持ち合せ、着る瞬間の高揚感や肌で感じる心地良さを大切にしながら、個々の魅力を引き出します。Made in Japanのクオリティの素材やパターンにこだわります。

▶ PAMEO POSE(パメオポーズ)<レディス・メンズ>
『あらゆる境界線を超越した“一個人”としてファッションを楽しめる店』をコンセプトに、2013年にオンラインセレクトショップとしてオープン。2014年からはブランドとして本格的なコレクション展開をスタート。ディレクター兼デザイナーは文化服装学院卒、DJとしても活躍するPELI。レディ・トゥ・ウェアはもちろんのこと、遊び心溢れるコスチュームジュエリー、独創的なシューズ、そして洋服のようなデザインのスイムウェアシリーズは、ブランドのシグネチャーとして親しまれています。

▶ BEST PACKING STORE(ベストパッキングストア)<レディス・メンズ> ビルイン初
Travelをコンセプトにファッションを提案するコンセプトショップです。トラベルの主役となるバッグ、ラゲッジなど、クリエイティブな雑貨、機能性のあるウェアからハイエンドなブランドまで世界中のトラベラーに向けたアイテムが揃います。

▶ SSW(Shibuya Social Wave)(シブヤソーシャルウェーブ)<メンズ> 初直営店
ストリーミング可能なDJブースをストア内に持ち、国内外のアーティストが訪れプレイし、POP UPも開催します。SSWしかない限定コラボレーションアパレルやレコード、カセットテープ、グッズなど、世界中から集められた商品が並びます。 #ssw_shibuya

▶ FDMTL(ファンダメンタル)<メンズ> ビルイン初
海外を中心に展開する東京ブランドFDMTLによるビルイン初出店店舗となります。「着用するほどに愛着が持てるプロダクト」をコンセプトに、デニムやカバーオールなどのワークウエアを、刺し子やツギハギなど日本的な解釈で再構築した商品を展開。

▶ Flower MOUNTAIN(フラワーマウンテン)<シューズ> 初直営店
2015年の立ち上げ以降、ヨーロッパ・アメリカを中心に評価をあげているフットウェアーブランド。日本での直営第一号店。日本一のアイテム数を取り揃えFlower MOUNTAINの魅力が最大限に表現された店舗。通常のラインナップに加え、限定商品を展開します。

▶ PORT PARCO (4F)

[画像4: https://prtimes.jp/i/3639/1067/resize/d3639-1067-103394-9.jpg ]

PORT PARCOのロゴは、コンテンポラリーデザインスタジオwe+が手がけました。“PORT=港、運ぶ”。この場所からファッションがお客様へ運ばれていくイメージを表現しています。

we+(ウィプラス)
リサーチと実験に立脚した独自の表現手法で、新たな視点と価値をかたちにするコンテンポラリーデザインスタジオ。国内外での作品発表のほか、多様なバックグラウンドを持つメンバーそれぞれの強みと、日々の研究から得られた知見を生かし、さまざまな企業や組織のプロジェクトを手がける。
weplus.jp

▶ ショップラインナップ

▶ mintdesigns garage store(ミントデザインズ ガレージストア)<レディス・メンズ>
2007年、渋谷PARCOにオープンした直営第一号店”ミントデザインズ ガレージストア”がこの度、新生渋谷PARCOに再び復活します。ミントデザインズのコレクションライン以外にも、パルコならではのカルチャーやアートとリンクしたプロダクト、ユニセックスを意識したアイテムなども提案します。

▶ sneeuw(スニュウ)<レディス・メンズ> 初直営店
clean&humorをコンセプトとするブランドsneeuwによるブランド初となるコンセプトストア。通常コレクションに加え、親交のあるアーティストとコラボレーションした限定商品や、一点物のスペシャルアイテム、デザイナーが自らセレクトするアクセサリー、小物等も扱います。

▶ カルチャーショップ by meetscalstore, acidgallery
(カルチャーショップバイミツカルストア、アシッドギャラリー)<ファッション・雑貨・アート>
つくる人のあつい気持ちで、こころがおどる。そんなわくわくを発信します。
あっとおどろくこだわりで、愛着がもてるきっかけを。そんな、カルチャーを販売します。
いろんなものをほりさげて、あなたとつくる人の新しいつながりをつくるお店です。

▶ デザイナーPOPUPショップ(仮称)
東京都より業務委託を受け、東京を中心に活動する意欲と才能あるデザイナーを支援するPOPUPショップを2020年3月末まで展開します。

ブランド: BALMUNG(バルムング)/BODYSONG.(ボディソング)/meagratia(メアグラーティア) / MIDDLA(ミドラ) / NAPE_(ネイプ) / Nobuyuki Matsui(ノブユキマツイ) /
NON TOKYO(ノントーキョー)/TENDER PERSON(テンダーパーソン)
【アルファベット順】


【渋谷PARCO概要】

[画像5: https://prtimes.jp/i/3639/1067/resize/d3639-1067-234759-7.jpg ]

■各種データは、下記のフォルダよりダウンロードいただけます。【2019年10月31日までダウンロード可能】
https://www.dropbox.com/sh/cowjliqoe8lg4gr/AAA9DBUBrtrKLxra3b7pRdf5a?dl=0

■2019年6月18日配信のリリースは、下記のリンクよりご覧いただけます。
「唯一無二の “次世代型商業施設” 新生「渋谷PARCO」11月下旬オープン!」
https://www.parco.co.jp/pdf/jp/cname_20190618101432.pdf

■渋谷PARCOオープニングショップスタッフ合同説明選考会を開催!
渋谷PARCOに出店するショップの求人に関する説明会、及び面接会を実施します。
・日時:2019年9月17日(火)11:00-18:00
・会場:東京都渋谷区道玄坂2-10-7 新大宗ビル 渋谷フォーラム8 6階オリオンホール(予定)
各ショップでのお仕事に興味のある方は、お気軽にご参加ください。(最大30社参加予定)
下記サイトにて各ショップの求人情報を公開しております。
「渋谷PARCOショップスタッフ募集サイト」: https://job-gear.net/shibuyaparco/
[画像6: https://prtimes.jp/i/3639/1067/resize/d3639-1067-408152-8.jpg ]


※情報については、2019年8月20日時点のものであり変更の可能性がございます。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング