1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

線形運動市場ーコンポーネント別(リニアガイド、アクチュエーター、ボールねじ、リニアモーター)、業界別(医療・医薬品、半導体・電子機器、航空宇宙など)、および地域別ー世界的な予測2030年

PR TIMES / 2021年9月7日 9時45分

SDKI Inc.が「線形運動市場ー世界的な予測2030年」の新調査レポートを2021年09月06日に発刊しました。レポートは、業界の新ビジネスチャンスとともに、市場とその成長見通しの完全な評価を提供します。さらに、2022ー2030年の予測期間中の市場規模と年間成長率が含まれています。

レポートのサンプルURL
https://www.sdki.jp/sample-request-106646



線形運動市場は、2022年37.4億米ドルの市場価値から、2030年までに53.7億米ドルに達すると推定され、2022-2030年の予測期間中に5.3%のCAGRで成長すると予想されています。

[画像: https://prtimes.jp/i/72515/1069/resize/d72515-1069-8321b2f80e8191710542-1.png ]

調査レポートの詳細内容について
https://www.sdki.jp/reports/linear-motion-market/106646

線形運動システムは、一方向に自由運動を提供するように設計されたシステムタイプです。このシステムは、荷物の移動と取り扱いに使用され、機械システムの内部の保護シールとして機能します。品質検査と自動化の必要性の高まり、市場投入までの時間の短縮、および半導体業界における電子デバイスの小型化に対する需要の高まりは、線形運動市場の成長の牽引する主な要因です。また、線形運動技術に関する買収とパートナーシップの増加、産業オートメーションとロボット工学への投資の増加、および産業オートメーションをサポートする政府のイニシアチブは、線形運動市場に関与するメーカーとOEMにとって重要な機会です。さらに、その高効率の製品ライフサイクルと時間効率による線形運動システムの有利な特徴も、線形運動市場の成長に前向きな見通しを課す要因です。

しかし、少量生産のためのインストールの高い初期コストは、線形運動市場の成長を抑制する可能性があります。

線形運動市場セグメント

線形運動市場は、コンポーネント別(リニアガイド、アクチュエーター、ボールねじ、リニアモーター)、業界別(医療・医薬品、半導体・電子機器、航空宇宙、食品・飲料、工作機械、自動車)、および地域別に分割されます。これらのセグメントは、さまざまな要因に基づいてさらにサブセグメント化され、各セグメントおよびサブセグメントの複合年間成長率、評価期間の市場価値およびボリュームなど、市場に関するいくつかの追加情報で構成されます。

業界に基づいて、工作機械セグメントは予測期間中に線形運動市場の主要なシェアを占めます。

工作機械業界では、工具交換装置、部品供給システム、ガントリーなど、線形運動のさまざまな用途があります。線形運動コンポーネントは、これらのプロセスの自動化に使用され、これらのアプリケーションに高い信頼性と低メンテナンスのソリューションを提供します。これらのコンポーネントは、反復的なタスクを実行するために使用される機器の最適なパフォーマンスに重点を置いています。したがって、それらの精度とパス追跡機能は、何度も正確な結果を提供しており、他の専用切断機よりも高い柔軟性を提供します。これらの要因が工作機械セグメントの成長を後押しします。

線形運動市場の地域概要

さらに、レポートは北アメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、ラテンアメリカ、中東&アフリカなどに分割されている、世界のすべての地域をカバーしています。アジア太平洋地域は、予測期間中に線形運動市場の最大の市場シェアを占めると予想されます。これは、地域がほとんどの産業にとって主要な製造ハブと見なされているためです。中国は、線形運動製品を含むすべての新興技術の潜在的な国でした。その巨大な製造業は国の成長と繁栄に貢献してきました。工作機械の生産、および電子製品や自動車の生産に関連するその他のセクター(電子機器の組み立て、半導体機械、さまざまな用途向けにカスタマイズされたロボットを含む)で目撃する高い成長は、APACの線形運動市場の成長の主な要因です。

さらに詳細な分析のために、各地域はさらに国に分割されます:

アジア太平洋(中国、インド、日本、韓国、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、ニュージーランド、シンガポール、その他のアジア太平洋)
北米(米国およびカナダ)
中東およびアフリカ(イスラエル、GCC [サウジアラビア、アラブ首長国連邦、バーレーン、クウェート、カタール、オマーン]、北アフリカ、南アフリカ、その他の中東およびアフリカ)
ラテンアメリカ(ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、その他のラテンアメリカ)
ヨーロッパ(英国、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、ハンガリー、ベルギー、オランダ、ルクセンブルグ、NORDIC、ポーランド、トルコ、ロシア、その他のヨーロッパ)

線形運動市場の主要なキープレーヤー

線形運動市場の主要なキープレーヤーには、THK Co., Ltd. (日本)、NSK Ltd. (日本)、HIWIN Technologies Corp. (台湾)、Nippon Thompson Co., Ltd. (IKO) (日本)、Robert Bosch GmbH (ドイツ)、Schaeffler Technologies AG & Co. KG (ドイツ)、Rockwell Automation Inc. (米国)、Timken Company (米国)、Fortive (米国)、HepcoMotion (英国)、SCHNEEBERGER Group (スイス)などがあります。この調査には、線形運動市場におけるこれらの主要企業の詳細な競合分析、企業プロファイル、最近の動向、および主要な市場戦略が含まれています。

レポートのサンプルURL
https://www.sdki.jp/sample-request-106646

SDKI Inc.会社概要
SDKI Inc.の目標は、日本、中国、米国、カナダ、英国、ドイツなど、さまざまな国の市場シナリオを明らかにすることです。また、リサーチアナリストやコンサルタントの多様なネットワークを通じて、成長指標、課題、トレンド、競争環境など、信頼性の高いリサーチインサイトを世界中のクライアントに提供することに重点を置いています。SDKIは、30か国以上で信頼と顧客基盤を獲得しており、他の手つかずの経済圏での足場を拡大することにさらに注力しています。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング