GMOクラウド社、「GMOクラウド Public」の「マルチロケーションサービス」でマレーシアロケーション提供開始

PR TIMES / 2012年8月21日 16時2分

2012年8月21日
報道関係各位

GMOクラウド株式会社
=================================================================
「GMOクラウド Public」の「マルチロケーション(*1)サービス」で
マレーシアロケーションを提供開始
~日本・米国・マレーシアの3拠点が選択可能に~
=================================================================
 GMOインターネットグループのGMOクラウド株式会社(代表取締役社長:
青山 満 以下、GMOクラウド社)は、パブリッククラウドサービス「GMOクラ
ウド Public」において、ビジネスの海外展開や万が一の災害発生時に備えた
BCP(*2)対策やディザスタリカバリ(*3)対策として、日本(東京)と米国(サ
ンノゼ)の2拠点でパブリッククラウドをご利用いただける「マルチロケーショ
ンサービス」を提供しています。
 この度、日本・米国の2拠点に加え、マレーシアに新たなデータセンターを
開設し、本日2012年8月21日(火)より提供開始いたします。これにより、
「GMOクラウドPublic」をご契約のお客さまは、3拠点でパブリッククラウド
のご利用が可能となります。

(*1)マルチロケーションとは、複数のデータセンターを拠点としてサービスを
  ご利用いただけること。
(*2)business continuity planの略称で、事故発生時や災害時でも企業が事
  業を継続、もしくは目標時間内に再開できるようにするための行動計画。
(*3)ディザスタリカバリとは、災害による被害からの回復、または被害を
  最小限に抑えるための措置のことで、主に遠隔地へのデータのバックアッ
  プが挙げられる。

【マレーシアロケーションの提供について】
 近年、日本企業の海外進出が積極的に行われており、ビジネスの海外進出
を支えるITインフラの拠点としてマレーシアやシンガポール、フィリピンな
ど、アジアの主要都市に注目が集まっています。GMOクラウド社においても、
こうした日本企業の海外進出をITインフラの提供を通じて支えるべく、マレー
シアのクアラルンプール市内に、日本の東京、米国のサンノゼに次ぐ3つ目の
データセンターを開設することといたしました。
 「GMOクラウドPublic」は、マレーシア拠点においても、お客さまよりご好
評をいただいているVM(*4)に対して自由にリソースを割り当てられる効率の
良さや、複数台構成から大規模システムまでを容易に組むことができる柔軟
性、豊富な機能といった、利便性の高い機能が変わらずご利用いただけます。
(*4) VM(Virtual Machine)とは、ソフトウェアによって仮想的に構築され
   たOSを動作させるためのコンピューター。1台のコンピューターを複数
  のVMに分割することで、複数の利用者によって異なるOSの同時利用が可
  能となる。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング