【ライブ配信セミナー】シランカップリング処理による付着・濡れ・コーティングの制御法 3月3日(水)開催 主催:(株)シーエムシー・リサーチ

PR TIMES / 2021年2月15日 12時45分

本セミナーは、当日ビデオ会議ツール「Zoom」を使ったウェビナー(ライブ配信セミナー)となります。

先端技術情報や市場情報を提供している(株)シーエムシー・リサーチ(千代田区神田錦町: https://cmcre.com/ )では、 各種材料・化学品などの市場動向・技術動向のセミナーや書籍発行を行っておりますが、 このたび「シランカップリング処理による付着・濡れ・コーティングの制御法」と題するセミナーを、 講師に河合 晃 氏 長岡技術科学大学大学院 電気電子情報工学専攻 電子デバイス・フォトニクス工学講座 教授 兼 アドヒージョン(株)(研究成果活用企業(大学ベンチャー))代表取締役・博士(工学))をお迎えし、2021年3月3日(水)10:30より、 ZOOMを利用したライブ配信で開催いたします。 受講料は、 一般:50,000円 + 税、 弊社メルマガ会員:45,000 円 + 税、 アカデミック価格は24,000 円 + 税となっております(資料付)。
セミナーの詳細とお申し込みは、 弊社の以下URLをご覧ください!
  https://cmcre.com/archives/68564/
質疑応答の時間もございますので、 是非奮ってご参加ください。



シランカップリング処理は、多くの製造分野産業で製品表面の代表的な疎水化処理技術および分散技術として用いられています。本講座では、シランカップリング剤の基礎について概説し、産業応用として付着、密着、濡れ、気泡、液滴、コーティング、微粒子分散の制御法について多くの実験データに基づき説明します。また、処理装置の構成ノウハウ、表面エネルギーなどの様々な評価法について丁寧に説明します。また、実際のトラブル解析および技術相談にも応じます。

1)セミナーテーマ及び開催日時
テーマ:シランカップリング処理による付着・濡れ・コーティングの制御法
開催日時:2021年3月3日(水)10:30~16:30
参 加 費:50,000円 + 税 ※ 資料付
  * メルマガ登録者は 45,000 円 + 税
  * アカデミック価格は 24,000 円 + 税
講 師:河合 晃 氏 
    長岡技術科学大学大学院 電気電子情報工学専攻 電子デバイス・フォトニクス工学講座 教授 
    兼 アドヒージョン(株)(研究成果活用企業(大学ベンチャー))代表取締役・博士(工学)

【セミナーで得られる知識】
・シランカップリング処理の評価手法の習得
・表面処理(濡れ、塗布、乾燥、プロセス、装置など)の基礎原理の修得
・表面エネルギーによる表面特性評価法の習得
・プライマー処理装置の設計手法の習得
・コーティング方法の最適化手法の習得
・トラブル対策における幅広い適用能力

※本セミナーは、当日ビデオ会議ツール「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。推奨環境は当該ツールをご参照ください。後日、視聴用のURLを別途メールにてご連絡いたします。
★受講中の録音・撮影等は固くお断りいたします。

2)申し込み方法
シーエムシー・リサーチの当該セミナーサイト
https://cmcre.com/archives/68564/
からお申し込みください。
折り返し、 視聴用のURLを別途メールにてご連絡いたします。
詳細はURLをご覧ください。
[画像: https://prtimes.jp/i/12580/1071/resize/d12580-1071-483239-0.jpg ]


3)セミナープログラムの紹介
【基本編】シランカップリング処理の基礎
1.シランカップリング処理を最適化する
・カップリング反応(加水分解と脱水縮合)
・加水分解触媒とpH(シラノールの安定性)
・QCMによる反応モニタリング(単分子層反応のその場解析)
・疎水性と超撥水との違い(純水接触角により90度を超える)
・付着性と密着性との違い(互いに逆の特性を示す)
・処理温度(沸点近くに最適温度が存在する)
・処理時間(短時間で処理効果がある)
・飽和蒸気処理(単分子処理に効果がある)
・AFM相互作用引力(吸着力が低下する)
・表面摩擦、摩耗、潤滑性(機械的特性の改質)
2.効果的な処理装置を構成する
・気化方式(バブリング、減圧方式の比較)
・脱水ベーク(吸着水の除去)
・コンダクタンス(処理系統の流量設計)
・装置設計例(大型パネル処理用)
3.濡れ・付着性の基礎とシランカップリング処理
・表面エネルギー(エネルギーで濡れ評価する)
・濡れエネルギーWa(疎水化と親水化の評価方法)
・拡張係数S、円モデル(界面のシーリング性)
【実用編】実際の現場でのシランカップリング処理のノウハウ!!
1.塗膜の付着性をコントロールする
・レジストパターン剥離(液中の剥離防止)
・ポッピング現象(局所剥離が増加する)
2.溶液中での界面密着性をコントロールする
・液中剥離の抑制効果(シーリング性を促進させる)
3.微粒子の分散性をコントロールする
・粘性塗膜内の分散性(アンダーフィル剤)
4.塗膜のコート性をコントロールする
・ピンホールとはじき(ピンホールの撲滅方法)
・粘性指状変形VF(ギャップ内のピンホール解決法)
・凹凸パターン(ピンニング効果)
5.液滴と気泡の付着性をコントロールする
・液滴成長制御(表面の曇りのメカニズム)
・ナノバブルの付着性制御(疎水性表面ほどバブルが付着する)
6.表面を高品位にコントロールする
・プラズマ処理とのハイブリッド処理(親水制御)
・アルカリ処理とのハイブリッド処理(WBL制御)
・ナノインプリント(モールドの離形処理)
7.シランカップリング剤によるCVD成膜
・HMDSO膜の形成(低誘電膜の評価)
8.質疑応答・技術相談、日頃のトラブル相談に応じます。

4)講師紹介
【講師略歴】
三菱電機(株) ULSI研究所にて10年間勤務し、開発・試作・量産移管・歩留り・工場管理の業務に従事し、半導体デバイスの高精度な表面処理技術開発に従事した。
その後、長岡技術科学大学にて勤務し、機能性薄膜、表面界面制御、ナノデバイスなどの先端分野の研究を実施している。各種論文査読委員、NEDO技術委員、国および公的プロジェクト審査員などを歴任。
大学ベンチャー企業として、アドヒージョン(株) 代表取締役 兼務。
【活 動】
著書33件、受賞多数、原著論文166報、国際学会124件、特許多数、講演会200回以上、日本接着学会 評議員、電気学会、応用物理学会 会員、産学連携・技術コンサルティング実績100社以上

5)セミナー対象者や特典について
※ 本セミナーは、当日ビデオ会議ツール「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。推奨環境は当該ツールをご参照ください。後日、視聴用のURLを別途メールにてご連絡いたします。
★ 受講中の録音・撮影等は固くお断りいたします。

☆詳細とお申し込みはこちらから↓
https://cmcre.com/archives/68564/

6)ウェビナー(オンライン配信セミナー)のご案内
(1)Excelを使ったデータ分析のための統計入門(演習)
  開催日時:2021年2月19日(金)10:30~16:30
   https://cmcre.com/archives/62922/

(2)オミックスデータ解析法:メタボロミクスからマルチオミックスまで
  開催日時:2021年2月19日(金)13:30~16:30
   https://cmcre.com/archives/68904/

(3)LED用蛍光体の技術開発と最新市場動向
  開催日時:2021年2月22日(月)10:30~16:30
   https://cmcre.com/archives/68170/

(4)ラジカル重合の基礎と反応解析、注意点
  開催日時:2021年2月22日(月)13:30~16:30
   https://cmcre.com/archives/67094/

(5)リチウムイオン電池の劣化診断技術
  開催日時:2021年2月24日(水)10:30~16:30
   https://cmcre.com/archives/64391/

(6)セルロースナノファイバーの最新動向とプラスチック複合化技術
  開催日時:2021年2月24日(水)12:30~16:30
   https://cmcre.com/archives/69115/

(7)ロードマップ作成超入門 ~ ロードマップの誤解をときながら実践を学ぶ ~
  開催日時:2021年2月25日(木)10:30~16:30
   https://cmcre.com/archives/67491/

(8)懸濁重合における液滴の分散挙動に基づくプロセスの最適化とマイクロカプセル調製への応用
  開催日時:2021年2月25日(木)13:30~16:30
   https://cmcre.com/archives/66629/

(9)プラスチック・ゴム・粘/接着製品の劣化メカニズムと寿命予測・劣化加速試験条件の設定手法
  開催日時:2021年2月25日(木)10:30~16:30
   https://cmcre.com/archives/68801/

(10)高屈折率材料の開発
  開催日時:2021年2月26日(金)13:30~16:30
   https://cmcre.com/archives/66800/

(11)マテリアルズインフォマティクスの中核をなす計算科学シミュレーション技術
  開催日時:2021年2月26日(金)10:30~16:30
   https://cmcre.com/archives/67689/

(12)ALD(原子層堆積)技術の基礎と最新動向
  開催日時:2021年2月26日(金)10:30~16:30
   https://cmcre.com/archives/67433/

☆開催予定のウェビナー一覧はこちらから!↓
https://cmcre.com/archives/category/seminar/semi_cmcr_f/

7)関連書籍のご案内
☆発行書籍の一覧はこちらから↓
https://cmcre.com/archives/category/cmc_all/
以上

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング