日本で新作を手に取れるのは伊勢丹新宿店だけ!〈イリエ〉2019年秋冬コレクションのPOP UP SHOPを開催。

PR TIMES / 2019年9月7日 8時40分

■2019年9月11日(水)~9月17日(火)■伊勢丹新宿店本館4階=センターパーク/ザ・ステージ#4



[画像1: https://prtimes.jp/i/8372/1076/resize/d8372-1076-838834-0.jpg ]

1983年にパリにショップをオープンしたデザイナー入江末男氏による<イリエ(IRIE)>は、フランスのセレブに30年以上に渡り愛され続けるファッションブランドです。どんなシーンにも対応できるように心がけて作られる<イリエ>のスタイルは、その素材と時代に左右されないデザインに定評があります。

その中でも特に人気があるのが、「自宅で洗えるパリジェンヌのデイリーウェア」をテーマに2000年から展開している<イリエ ウォッシュ(IRIE WASH)>というシリーズです。「スクーバ」と呼ばれる素材を使用したウェアは、伸縮性に富んだしなやかな着心地の良さと、美しさをキープする機能性がありながら、シワになりにくく、イージーケアできる逸品です。

今シーズンは、パリの60年代を描くようなクラシックな感性を様々な柄や刺繍などで表現し、現代的にデザインしたコレクションです。現在、日本に取扱店はなく、19AWコレクションを見られるのは伊勢丹新宿店のこのイベントのみです。


[画像2: https://prtimes.jp/i/8372/1076/resize/d8372-1076-470653-1.jpg ]

カットソー 99,000円
デザイナー入江氏はアートにも造詣が深く、その感性を大胆な色や柄で表現したコレクションが並びます。こちらのカットソーでも鮮やかな刺繍でデザイナーのコンテンポラリーな感性が表現されています。


[画像3: https://prtimes.jp/i/8372/1076/resize/d8372-1076-306858-2.jpg ]

パンツ 56,000円 
今回のコレクションの一つのキーワードであるクラシックを「スクーバ」素材で作り上げた、普段着や仕事着として大活躍できるパンツです。


[画像4: https://prtimes.jp/i/8372/1076/resize/d8372-1076-858587-3.jpg ]

ジャケット 106,000円 
クラシックな形でありながら存在感のあるロングジャケットです。シンプルなタートルネックやブラウスに合わせて秋のコーディネートを楽しんでいただけます。


[画像5: https://prtimes.jp/i/8372/1076/resize/d8372-1076-794121-4.png ]

ドレス 93,000円 
シンプルなブラック地にゴールド刺繍が上品に表現されたドレスです。ドレスアップシーンにも役立つ一枚です。


※価格はすべて本体価格です。




IRIE(イリエ)

1970年に渡仏。1983年、パリ左岸、プレオクレール通りに「IRIE」をオープン。大掛かりなショーや宣伝を一切行わず、独自のスタイルを貫く。どんなシーンにも対応できるように心がけ作られるIRIEのスタイルは、その素材と時代に左右されないデザインに定評があり、女優から一般のパリジェンヌまで幅広く支持されている。2016年、フランス芸術文化勲章 シュバリエを受賞。

入江氏からの皆さまへのメッセージが届きました。
「Bonjour de Paris.
今年のパリは燃え続きました。ストリートファッションも少し落ち着きました。今パリはブルジョワジーが気になるこの頃。今迄とはちょっと違うブルジョワジーモダン。クラシックだけど、どこかコンテンポラリーそんな気分。DISCRETION BOURGEOISEをパリからお届けします。」

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング