2枚のベストアルバムをフィーチャーした吉川晃司、全国ツアー初日の横浜アリーナ公演をWOWOWで独占放送!

PR TIMES / 2012年1月10日 11時25分



1984年、シングル「モニカ」で鮮烈なデビュー。以来27年以上にわたり、ソロアーティストとして、COMPLEXとして、また俳優として、“唯一無二の存在”であり続ける吉川晃司。その圧倒的な存在感と類いまれな行動力は、音楽業界や芸能界の枠を超えて常に新しい「破壊と創造」を繰り返して来た。
 テレビの音楽番組のセット上を「狭い!」と言わんばかりに暴れ回っていた10代の頃から。COMPLEXとして活動した2年間、そして大人の男としての葛藤と成熟を歌に重ねてきた30代以降のソロ作品に至るまで。吉川晃司が歌う“うた”は、聴く者の心を駆り立て熱くする。吉川の力の限りを振り絞ったボーカルは、常にギリギリの勝負に挑む彼の生き様を浮かび上がらせる。80年代以来のファンのみならず、現在の若者からも吉川をリスペクトする声が途切れないのは、彼が時代の中でリアルな存在であり続けていることの証明だ。
 そして、2011年3月11日。東日本大震災を受けて、彼が取った行動はまた誰よりも素早かった。素性を隠したボランティア活動、「日本一心」を掲げた21年ぶりのCOMPLEX復活、そして、母校・広島県府中小学校の子供たちの依頼で作り上げた、平和を願う歌「あの夏を忘れない」のリリース。メディアの前で沈黙を守り続けて来た彼が、言葉を選びながら自分自身の想いを語ることもあった。そんな彼の一連の行動、そして重ねられた想いは、全てステージへと帰着する。ライブパフォーマンスが、彼と聴き手を繋ぐからだ。そして、ステージで歌い続けることが、彼の生き様を裸に曝け出す。吉川晃司のステージがスリリングで感動的な理由が、そこにある。
 WOWOWでは、COMPLEX東京ドーム公演の余韻も冷めやらぬ中スタートした吉川晃司の全国ツアー初日の横浜アリーナ公演の模様を独占放送する。2枚のベストアルバム「KEEP ON KICKIN’!!!!!」「KEEP ON SINGIN’!!!!!~日本一心~」発売を経て再び走り始める彼の、まさに走り出す瞬間の“熱”を、バックステージでの姿も交えて余すところ無くお届けする。彼の波動がスパークするスリリングな瞬間から、全ては始まる。キャリアを総括するベストセレクションな選曲、そして全国ツアーで伝えようとしている想い・・・。吉川晃司のリアルな“現在”を見逃すな!

【番組情報】
吉川晃司 横浜アリーナLIVE 「KEEP ON KICKIN' & SINGIN'!!!!!」 ~日本一心~
1月8日(日)夜9:00~ WOWOWライブにて放送

【関連番組】
ノンフィクションW 吉川晃司 ヒーローになれなかった日~新たなる挑戦・日本一心~
1月20日(金)夜10:00~ WOWOWプライムにて放送


企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング