「クラウドSSL」がニフティ社とロックオン社の「EC-CUBEホスティング」に採用

PR TIMES / 2012年12月13日 18時12分

2012年12月13日
報道関係各位

GMOグローバルサイン株式会社
================================================================
「クラウドSSL」がニフティ社とロックオン社の
「EC-CUBEホスティング」に採用
================================================================
 GMOインターネットグループのGMOクラウド株式会社の連結会社で、電子認
証サービスを展開するGMOグローバルサイン株式会社(代表取締役社長:中條
一郎 以下、GMOグローバルサイン社)は、ニフティ株式会社(代表取締役社
長:三竹 兼司 以下、ニフティ社)と株式会社ロックオン(代表取締役:
岩田 進 以下、ロックオン社)が提供する「EC-CUBEクラウド」の「EC-CUBE
ホスティング」プランに、GMOグローバルサイン社の「クラウドSSL」を採用
いただきましたので、お知らせいたします。


【「クラウドSSL」の採用について】
 通常、SSLサーバ証明書は、1枚で1つのFQDN*1(URL)しか設定することがで
きません。GMOグローバルサイン社の「クラウドSSL」は、1枚のSSLサーバ証
明書で最大100個のFQDNを追加*2できる定額制のサービスです。同一グローバ
ルIPアドレスであれば、複数の独自ドメインを用いてウェブサイトを運営し
ていても、1枚のSSLサーバ証明書で複数の運営サイトのSSL通信を実現するこ
とができます。また、SSLサーバ証明書の有効期限内であれば、FQDNの追加・
削除を自由に行える柔軟性を持っております。
 この度「クラウドSSL」は、インターネットの安全性を高めながら、枯渇す
るIPアドレスの節約にお役立ていただける点が評価され、ニフティ社の
「EC-CUBEホスティング」プランに採用いただくこととなりました。
「EC-CUBEホスティング」プランは、ロックオン社のECオープンプラットフォー
ム「EC-CUBE」の利用者向けにニフティ社が提供しているホスティングサービ
スです。ニフティ社では、今後「クラウドSSL」のAPIを利用してSSL取得を自
動化し、更なる利便性の向上を図る予定です。

(*1) FQDNとはドメイン名・サブドメイン名・ホスト名を省略せずにすべて
  記載した記述型式です。
(*2) 最大100個のFQDNの追加により、最大101個のウェブサイトのSSL通信を
  実現。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング