1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

静脈治療機器市場、2030年末までに34億米ドル規模到達見込み

PR TIMES / 2021年10月8日 15時15分

株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「静脈処置装置の世界市場:産業分析、市場規模・シェア・成長率・動向・予測 (2020年~2030年)」(Transparency Market Research)の販売を10月7日より開始いたしました。

【 当レポートの詳細目次 】
https://www.gii.co.jp/report/tsm995848-venous-procedure-devices-market-global-industry.html



[画像: https://prtimes.jp/i/71640/1131/resize/d71640-1131-cb95a5a441668bd11513-0.jpg ]


COVID-19パンデミックの中で、必要のない医療行為を遅らせることが市場の成長に影響を与える
新型コロナウイルスについての情報が増えるにつれ、心臓病学会では、患者や病院関係者が安全にカテーテル治療を受けられるようにするために必要なさまざまな措置について認識を深めています。米国の静脈治療機器市場の企業は、American College of Cardiology's Interventional CouncilとSociety for Cardiovascular Angiography and Interventionsが発行したガイドラインを遵守しています。

医療機関では、物流やサプライチェーンマネジメントに関する様々な方針を組織内で策定しています。静脈治療機器市場のメーカーは、サプライショックを防ぐためにこれらの方針を考慮しています。そのため、必要のない内科的、歯科的、外科的処置を遅らせることは、市場の成長に影響を与える可能性があります。

様々な課題に対応する静脈ステントの魅力的な提案
米国で静脈領域が進化し続ける中、静脈治療機器市場のメーカーは、海外の同業者から静脈解剖学の課題を乗り越える方法を学んでいます。例えば、医師は、閉塞性疾患によって引き起こされる静脈の高血圧を軽減するために、同じ動脈の手技を適用することに困難を感じています。

患者の予後を改善する静脈ステントを開発するために、静脈治療機器市場の企業は、複数の疾患や病変タイプの評価などの研究開発を強化しています。同様に、Venovo™静脈ステントは、様々な静脈の課題に対処するために、圧縮耐性、半径方向の強度と柔軟性のバランスを実現する魅力的な提案として浮上しています。

素材の専門家とのコラボレーションにより、最適な製品性能を実現
静脈治療機器市場は、2030年末までに34億米ドルに達すると予測されています。末梢血管インターベンション用ガイドワイヤーの技術革新が市場拡大に貢献しています。例えば、高度な医療機器の設計とアウトソーシングのスペシャリストであるInteger Holdings Corporationは、頸動脈、腎臓、下肢のインターベンションに使用する末梢血管用ガイドワイヤーの設計革新を進めています。

静脈治療機器市場の企業は、マンドレル、コイル、スタイレット、コアなどのカスタムおよび標準ガイドワイヤーとコンポーネントのポートフォリオを増やしています。また、最適な製品性能を提供するために、材料の専門家との連携を強化しています。

新しい薬剤溶出静脈ステントは、複雑な病変で優れた成果をもたらす
静脈治療機器市場は、予測期間中に約6%の良好なCAGRで拡大すると予測されています。薬剤溶出性静脈ステントの比類ない性能が市場の成長に貢献しています。例えば、インターベンション医療機器メーカーのボストン・サイエンティフィック社は、複雑な病変にも優れた効果を発揮する薬剤溶出性血管ステントシステム「Eluvia」の販売を強化しています。

難易度の高いSFA(表在性大腿動脈)疾患が多いことから、最先端の薬剤溶出型血管ステントシステムの需要が高まっています。静脈治療機器市場のメーカーは、薬剤の放出をコントロールするために、ステントにポリマーデザインを採用しています。また、製品の信頼性を高めるために、無作為化比較多施設試験にも力を入れています。


【 無料サンプル 】
当レポートの無料サンプルは、こちらからお申し込みいただけます。
https://www.gii.co.jp/report/tsm995848-venous-procedure-devices-market-global-industry.html

【本件に関するお問合せ先】
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
TEL:044-952-0102(9:00-18:00 土日・祝日を除く)
E-mail:dbm@gii.co.jp
URL: https://www.gii.co.jp

【株式会社グローバルインフォメーション 会社概要】
1995年の創立以来、海外市場調査レポートの販売を通じて企業のグローバル展開を支援しています。世界6カ国に拠点を持ち、海外の提携調査会社250社以上が発行する調査資料約10万点をワンストップでご提供。市場情報販売のグローバル・リーディングカンパニーを目指し、企業ならびに社会の発展に寄与すべく、お客様にとって真に価値ある情報をお届けしています。

創立:1995年
所在地:215-0004 神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F
事業内容:市場調査レポート/年間契約型情報サービスの販売、委託調査の受託、国際会議/展示会の代理販売
市場調査レポート/年間契約型情報サービス: https://www.gii.co.jp
委託調査: https://www.gii.co.jp/custom_research/
国際会議/展示会: https://www.giievent.jp/partnering.shtml

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング