ウェアラブル、モバイル機器向け狭ピッチコネクタ 新シリーズのラインアップ強化

PR TIMES / 2014年4月2日 14時18分



パナソニック株式会社オートモーティブ&インダストリアルシステムズ社は、ウェアラブル機器[1]のデザイン性向上に貢献する業界最小サイズ(※1)の狭ピッチコネクタ[2]と、タブレットPC、ノートパソコンなど機器内の高速伝送ニーズに応える狭ピッチコネクタを2014年4月に発売開始します。

[プレスリリース]
▼ウェアラブル、モバイル機器向け狭ピッチコネクタ 新シリーズのラインアップ強化(2014年4月1日)
http://panasonic.co.jp/corp/news/official.data/data.dir/2014/04/jn140401-2/jn140401-2.html

[商品情報]
▼狭ピッチコネクタ S35シリーズ(0.35mmピッチ)
http://www3.panasonic.biz/ac/j/control/connector/base-fpc/s35/index.jsp
▼狭ピッチコネクタ P4Sシールドタイプ(0.4mmピッチ)
http://www3.panasonic.biz/ac/j/control/connector/base-fpc/p4ss/index.jsp

スマートフォンに続く新しい端末として注目されているウェアラブル機器は、2014年以降、幅広い用途向けに実用化され本格的な市場導入が見込まれます。また、タブレットPC、ノートパソコンではUSB3.1をはじめ伝送速度のさらなる高速化・高機能化が進んでいます。パナソニックはスマートフォンなど小型モバイル機器の各種モジュール接続用途向け商品に加え、今回、新たにウェアラブル機器のデザイン性向上とさらなる高機能化に貢献する業界最小サイズ(※1)の「狭ピッチコネクタS35シリーズ」と、タブレットPC、ノートパソコンなどこれからの高速伝送ニーズに対応する「狭ピッチコネクタP4Sシールドタイプ」を新シリーズとしてラインアップします。

■狭ピッチコネクタ S35シリーズ(0.35mmピッチ)の特長
業界最小(※1)の製品幅(1.7mm)ながら高い接触信頼性と作業性を実現、ウェアラブル機器のデザイン性とさらなる機能の向上に貢献
<用途>ウェアラブル機器、スマートフォンなどの各種モジュールの接続

■狭ピッチコネクタ P4Sシールドタイプ(0.4mmピッチ)の特長
シールド板を設けた多点グランド端子構造で輻射ノイズ[3]を低減、タブレットPCなどの高速伝送ニーズに対応
<用途>タブレットPC、ノートパソコン、デジタルビデオカメラ、デジタル一眼レフカメラなどの小型高機能デジタル機器の機器内高速伝送部の接続

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング