GMO TECH、スマートフォン向け成果報酬(CPI)型広告配信サービス「GMO SmaAD」が「セッションID*2」を用いたCPA成果計測に対応

PR TIMES / 2013年3月1日 13時52分

2013年3月1日
報道関係各位

GMO TECH株式会社
==========================================================
スマートフォン向け成果報酬(CPI(*1))型広告配信サービス「GMO SmaAD」
「セッションID*2」を用いたCPA(*3)成果計測に対応
==========================================================
 GMOインターネットグループでインターネット上での集客サービスを展開す
るGMO TECH株式会社(代表取締役社長:鈴木 明人 以下、GMO TECH)は、
スマートフォン向け成果報酬(CPI(*1))型広告配信サービス「GMO SmaAD」
において、「セッションID(*2)」を用いたCPA(*3)成果計測機能(以下、
「セッションID方式」)への対応を本日2013年3月1日(金)より開始いた
しました。

*1:「CPI」とはcost-per-installの略で、広告を経由してアプリがインストー
 ルされると費用が発生する、成果報酬型の広告手法です。
*2:「セッションID」とは、ユーザーの識別のためにサーバーから付与され
 る個別の識別情報です。ユーザーが広告をクリックした際に発行されます。
*3:「CPA」とはcost-per-actionの略で、広告経由でアクセスしたWebサイ
 トやインストールしたアプリにおいて、ユーザーが起こしたアクション
 (会員登録や課金など)を成果とする広告手法です。


【「セッションID」を用いた成果計測方式への対応について】
 「GMO SmaAD」とは、スマートフォン(Android(TM)、iOS(R))向けCPI型広
告配信ネットワークサービスです。広告経由でアプリをダウンロードまたは
会員登録したスマートフォンユーザーに対してポイントやコインなどのイン
センティブを付与するリワード広告配信サービス「GMO SmaADリワード」と、
インセンティブを付与しないCPI課金によるアドネットワーク広告配信サービ
ス「GMO SmaADアドネットワーク」の2サービスで構成されています。

 「GMO SmaADリワード」「GMO SmaADアドネットワーク」の2サービスでは、
ご利用いただけるCPA成果計測機能として、Cookieを用いた方式に対応してお
りますが、この度、新たに「セッションID方式」が加わりました。
 「セッションID方式」によるCPA成果計測では、「GMO SmaAD」配信の広告
経由で誘導されたユーザーの会員登録、課金などといった行動(=「成果」)
を測定する際、ユーザーが別媒体または過去に同じ広告にも接触していた場
合に発生する重複を防ぐことが可能です。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング