ラクーンコマース、アドウェイズと包括業務提携 中国向け越境ECの強化へ

PR TIMES / 2019年6月13日 16時40分

卸・仕入れサイト「スーパーデリバリー」を運営する株式会社ラクーンコマース(本社:東京都中央区、代表取締役社長:和久井 岳、以下 ラクーンコマース) は、株式会社アドウェイズ(本社:東京都新宿区、代表取締役:岡村 陽久、以下 アドウェイズ)と包括業務提携を行い、中国の主要なBtoC向けECモールにて商品販売を行うスキームを構築しました。
ラクーンコマースはスーパーデリバリーに出展するメーカーから出品商品を誘致し、アドウェイズは越境ECの物流と中国ECモールでの販売代行の実務を担います。これにより日本の中小メーカーに、中国市場への新たな販路をワンストップで提供します。
なお、当取り組みは7月中を目途に開始する予定です。



[画像1: https://prtimes.jp/i/3091/1173/resize/d3091-1173-145372-1.jpg ]


■業務提携の背景

スーパーデリバリーは日本国内のメーカーと小売店・サービス業などの事業者が利用できる卸・仕入れサイトです。海外バイヤーの利用増加に伴い、2015年からBtoBの越境EC専用サイト「SD export」を開始するなど海外市場へ向けた取り組みを行っています。現在、台湾・香港を中心に海外バイヤーを増やし、海外流通額も順調に増加しております。

一方、アドウェイズはアジアを中心に世界各国へ事業展開をしているインターネット広告企業です。2004年に中国市場に進出し、2014年からは広告や物流を中心とする越境ECサービスにも注力しています。今年3月にアドウェイズが提供する海外配送の物流サービス「楽一番」をSD exportが導入し、ともに企業の海外進出をサポートしています。

越境ECの市場規模は年々拡大しています。特に中国越境EC市場は大きく、経済産業省の発表によると中国消費者による日本からの越境EC購入額は1兆5,345億円(前年比18.2%増)*1と拡大を続けています。ラクーンコマースはこのような大きな市場である中国へ積極的に展開するため、既に海外物流で取り組みがあり、中国での販売ノウハウを持つアドウェイズとの提携に至りました。
*1)経済産業省「平成30年度我が国におけるデータ駆動型社会に係る基盤整備(電子商取引に関する市場調査)」より


■業務提携の概要

今回の取り組みにおいてスーパーデリバリーに出展するメーカーには追加の費用や作業は一切発生しません。アドウェイズが出店する中国ECモールで注文が入ると、スーパーデリバリー上に注文データが入り、国内にある指定倉庫に商品を納品するだけとなります。ラクーンコマースはスーパーデリバリーに出展するメーカーに当スキームを提案し、販売を希望するメーカーの商品データをアドウェイズに提供します。アドウェイズは中国ECモールにて商品掲載や顧客対応等のショップ運営、プロモーション、物流と販売実務全般を担います。
[画像2: https://prtimes.jp/i/3091/1173/resize/d3091-1173-759588-0.png ]


スーパーデリバリーとアドウェイズは87万点を越える日本の中小メーカーの商品と中国市場での販売ノウハウという両社の強みをかけ合わせ、さらなる事業拡大とグローバル市場への展開を進めてまいります。


■参照

株式会社アドウェイズ
https://www.adways.net/
2001年設立。2006年に東証マザーズ上場。国内最大級のアフィリエイトサービス「JANet」「Smart-C」の運営をはじめ、スマ―トフォン向け広告配信サービス「AppDriver」や全自動マーケティングプラットフォーム「UNICORN」を展開する。また、アプリやコンテンツの企画・開発・運営など多彩な事業を展開。日本を始め、アジアを中心とした世界各国への海外展開も行なっている。

スーパーデリバリー
https://www.superdelivery.com
スーパーデリバリーは、日本国内のメーカーと小売店・サービス業など国内/海外の事業者が利用できる卸・仕入れサイトで商品掲載数は約87万点。メーカーにとっては、地域を超えた127,162店舗への販路拡大ツールとして効果を発揮し、小売店にとっては1,419社の出展企業とインターネットを通して取引でき、仕入先を大幅に拡大することが可能。メーカーと小売店の取引で発生するコストや手間、リスク等を解消し効率的な取引を実現。(数字は全て2019年4月末現在)

株式会社ラクーンコマース
https://commerce.raccoon.ne.jp
企業間取引においてインフラサービスを展開する株式会社ラクーンホールディングス(東証一部:3031)の100%子会社で、EC事業を担う。メーカーと小売・サービス業などの事業者が取引できる企業間取引(BtoB)サイト『スーパーデリバリー』とその越境ECサイト『SD export(エスディ―エクスポート)』、受注・発注を一元管理できるクラウド受発注システム『COREC(コレック)』をメインに提供。日本におけるBtoBサイトのパイオニアとして市場をつくり拡大を続けてきた経験とEコマースのノウハウを活かし、企業間取引の効率化に貢献。

代表者 :代表取締役社長 和久井 岳
所在地 :東京都中央区日本橋蛎殻町1丁目14番14号
設立 :2018年11月
資本金 :300,000千円
株主 :株式会社ラクーンホールディングス100%
   東京証券取引所市場第一部上場 証券コード3031
URL : https://commerce.raccoon.ne.jp

プレスリリースに関するお問合せ先
株式会社ラクーンホールディングス
[広報担当] 有本・大久保 TEL:03-5652-1725 / MAIL:pr@raccoon.ne.jp
[IR] 木村
TEL:03-5652-1711

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング