【参加NPO募集】Panasonic NPOサポート マーケティング プログラム~マーケティングで最高の成果を生み出す組織へ

PR TIMES / 2014年4月25日 11時4分



パナソニック株式会社は、2014年5月10日(日)まで、社会課題の解決に取り組むNPOの組織基盤強化と事業展開力の強化を応援する「Panasonic NPOサポート マーケティング プログラム 2014」に参加するNPOを募集しています。先駆的な活動の持続的な発展と組織の自己変革に挑戦するNPOからのご応募をお待ちしています。

▼Panasonic NPOサポート マーケティング プログラム 2014 参加団体募集の詳細やご応募はこちらから
http://panasonic.co.jp/citizenship/pnsf/problem/
※応募締切:2014年5月10日(日)24:00

NPOにとってマーケティングは、寄付や会員・ボランティアなどの支援を獲得するため、またサービスなどを提供して対価を得るため、そして組織のミッションを達成するために重要な活動です。本プログラムは、NPOがマーケティング力を身につけ、そのノウハウを個人のスキルに留まらせず組織全体で共有して活用し、組織が抱える様々な課題を自力で解決できるようになることを目指しています。

参加団体は、自団体の課題解決に向けて「研修」+「実践」を通じて、事業展開力を強化する「マーケティング志向」と「チームビルディング」を体得します。最高の成果を生み出せるよう、6ヶ月間のプログラム期間を多彩なサポート体制で応援します。

【参加団体の事例】
2013年、本プログラムに参加した国際環境NGO「認定特定非営利活動法人FoE Japan」は、調査報告会や温暖化問題などのイベントを年間100回以上開催しているものの、イベント参加者が支援者に繋がなっていかない、という悩みがありました。まず「顧客リサーチ」として支援者のデータを分析し、支援者やイベント参加者4000人へのアンケートで「顧客価値」を導き出し、その結果やスタッフの意見から、支援者を得るには「FoE Japanで何ができるか」を知ってもらうことが必要と考え、「団体のミッションとFoE流の解決アプローチ」「そこから展開される個々の活動」の位置づけをわかりやすく示す「活動概念図」を作成しました。さらに、より丁寧で継続的なコミュニケーションが不可欠と、スタッフ全員が意識して実践していく体制作りにも取り組んでいます。

▼NPOマーケティング「FoE JAPAN」の取り組み事例レポート
「Friends of the Earth が集まる組織づくり~会員分析から見えた次の一手」
http://panasonic.co.jp/citizenship/pnsf/report/foejapan/

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング