業界初!トリプル衛星受信・ジャイロを使ったマルチ自車位置測位を実現。SSDポータブルカーナビゲーション ゴリラ・アイ他、計4機種を発売

PR TIMES / 2014年5月12日 16時21分



パナソニックは、SSDポータブルカーナビゲーション「ゴリラ・アイ」、「ゴリラ」の新製品4機種を2014年6月12日より順次発売します。

本製品は、米国の「GPS」、日本の準天頂衛星「みちびき」に加え、ポータブルカーナビゲーションとして業界で初めて、ロシアの「グロナス」に対応したトリプル衛星受信を実現しました。

また、GP747、GP745、GP740は、従来のジャイロに加えてオプションのOBD2アダプター(2014年冬発売予定)で車両から取得する速度情報を自車位置測位に利用。トリプル衛星・ジャイロ・OBD2により、測位衛星が長時間受信できない長いトンネル内でも高精度なマルチ自車位置測位が可能です。

▼高精度測位性能
http://panasonic.jp/car/navi/products/GP540/function/index.html
▼SSDポータブルカーナビゲーション ゴリラアイ CN-GP747VD
http://panasonic.jp/car/navi/products/GP747/index.html


ポータブルカーナビゲーション「ゴリラ」は発売以来、基本機能である「自車位置測位精度」の向上にこだわり、市場をリードしてきました。

ポータブルカーナビゲーションにとって、GPSを受信できないトンネル内やビル街、高架下等は、運転中に自車位置が測位できない課題を抱えてきました。その解決に向け、パナソニックでは、2013年にGPSに加え準天頂衛星「みちびき」に対応した製品を発売し、自車位置測位精度の向上を図りました。本年度は、更なる精度向上のため、ロシアの衛星「グロナス」に対応し、3種類の衛星を使ったトリプル衛星受信を実現しました。

さらに、オプション対応にて、OBD2アダプターで車両から取得する速度情報を自車位置測位に利用し、衛星・ジャイロ・OBD2による高精度なマルチ自車位置測位を可能としました。

パナソニックはカーナビゲーションの基本である測位精度の向上を図り、高精度ポータブルカーナビゲーションのラインアップを充実し、快適なドライブの実現を目指してまいります。

【特長】
1.業界初、トリプル衛星受信・ジャイロを使ったマルチ自車位置測位機能を搭載
・米国の「GPS」、日本の準天頂衛星「みちびき」に加え、ポータブルカーナビゲーションとして業界に先駆けロシアの「グロナス」に対応したトリプル衛星受信で自車位置をより正確に測位。
・ジャイロ搭載でビル街や高架下など、測位衛星受信が困難な都市中心部でも、自車位置の測位精度が向上。
・更にオプションのOBD2アダプターで車両から取得する速度情報をナビゲーションに活用。より正確な速度、移動距離を取得でき、更なる測位精度の向上を実現。
・OBD2アダプターで取得する速度・エンジン回転数などの車両情報をカーナビゲーションの画面上に表示可能。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング