1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

トランスコスモス、ジャカルタ中心部に倉庫を新設し、インドネシア向けEC事業を強化

PR TIMES / 2021年7月5日 11時45分

お客様企業の旗艦店として現地マーケットプレイスにおいて商品を仕入れ販売

トランスコスモス株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長兼COO:奥田昌孝)の子会社で、インドネシアでEC事業を展開するPT. transcosmos Commerce(本社:インドネシア ジャカルタ、代表CEO:長田直人、以下、トランスコスモスコマース)は、ジャカルタ中心部に倉庫を新設し、アナリティクスの専門組織を立ち上げました。今後さらなる成長が見込まれるインドネシア市場において、EC事業を強化します。



[画像: https://prtimes.jp/i/183/1211/resize/d183-1211-2a0f91ae9e889b49eab8-0.jpg ]

トランスコスモスコマースは2018年11月に事業を開始したインドネシア向けのEC企業で、日本をはじめとする世界各国のお客様企業と消費者をつなぐ販売パートナーとしてEC展開を支援しています。オンラインリテールとしてお客様企業の旗艦店を請け負っているのが特徴で、現地5大マーケットプレイス(Shopee、Tokopedia、Bukalapak、Lazada、BliBli)において商品の仕入れ販売を行っています。CASIO、SEIKOの時計や、Vitabioticsの栄養補助食品などの販売実績があり、売上拡大に貢献しています。

トランスコスモスコマースは配送・物流業務においても高品質なサービスを提供しており、Tokopediaにおける1~4月のオンタイムデリバリーレート(期日までの配送割合)は100%を達成しました。今後、さらに配送・物流業務を強化するため、2021年4月にはジャカルタ中心部に倉庫を新設しました。7月にはさらに拡充し、大型製品の取り扱いを開始します。

また、2021年6月にアナリストの専門組織を新設しました。アナリストが作成するマンスリーレポートの品質はお客様企業から高評価を得ており、分析をもとにした施策によりお客様企業の売上拡大に大きく貢献しています。

トランスコスモスのASEAN市場向け事業は、ベトナム・フィリピン・タイ・マレーシア・インドネシアにオペレーション拠点を展開し、現地市場向けにコンタクトセンター、デジタルマーケティング、ECワンストップサービスなどを提供しています。EC支援サービスでは、お客様企業の海外進出状況や現地戦略にあわせて現地市場での展開を支援しています。今後とも変化の激しいEC市場において、各国の市場向けに最適なサービスの提供を行い、お客様企業のブランディングと売上拡大に貢献していきます。

※トランスコスモスは、トランスコスモス株式会社の日本及びその他の国における登録商標または商標です
※その他、記載されている会社名、製品・サービス名は、各社の登録商標または商標です

(トランスコスモス株式会社について)
トランスコスモスは1966年の創業以来、優れた「人」と最新の「技術力」を融合し、より価値の高いサービスを提供することで、お客様企業の競争力強化に努めて参りました。現在では、お客様企業のビジネスプロセスをコスト最適化と売上拡大の両面から支援するサービスを、アジアを中心に世界30の国と地域・166の拠点で、オペレーショナル・エクセレンスを追求し、提供しています。また、世界規模でのEC市場の拡大にあわせ、お客様企業の優良な商品・サービスを世界48の国と地域の消費者にお届けするグローバルECワンストップサービスを提供しています。トランスコスモスは事業環境の変化に対応し、デジタル技術の活用でお客様企業の変革を支援する「Global Digital Transformation Partner」を目指しています。(URL: https://www.trans-cosmos.co.jp)

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング