NTTドコモがエリア・品質とも満足度トップ

PR TIMES / 2015年1月7日 11時52分

東海4県 若年層のスマートフォンネットワーク満足度調査

株式会社角川アスキー総合研究所(本社:東京都文京区、代表取締役社長:角川 歴彦、以下角川アスキー総研)は、12月上旬に「東海4県 若年層※のスマートフォンネットワーク満足度調査」を実施し、調査結果をまとめましたのでお知らせいたします。 ※10代後半男女+F1・M1層(15~34歳の男女)



キャリア各社がスマートフォンのネットワーク速度やエリア展開を激しく競っています。そういった現状を踏まえて、角川アスキー総研では今回、スマートフォンのメインユーザーである15~34歳が実際にそれらをどのように感じているのかについて、満足度調査を実施しました。調査は、関東地方に次いで若年層の人口比率が高い東海地方(愛知、静岡、岐阜、三重の4県)のユーザーに対して行い、結果は以下のようになりました。


通話/通信品質、エリア、総合の4項目すべてでドコモが満足度トップ

東海4県全体での満足度では、通信品質、通話品質、エリア展開、そして総合的な満足度のすべてで、NTTドコモの満足度が他キャリアを上回りました(「満足」の比率、および「やや満足」を加えた比率でもトップ)。満足+やや満足は7割を超え、ユーザーに強く支持されていることがわかります。


今回の調査では、まず、各キャリアのユーザーにサービスエリア、通話品質、通信品質のそれぞれの満足度と、総合的な満足度の4つを聞きました。結果は、それらのすべてにおいてNTTドコモのユーザーの満足度がトップとなりました。4項目ともドコモユーザーの「満足」は3割強で、他キャリアを6~9%上回ります。また、「満足」と「やや満足」をあわせると、NTTドコモは4項目のすべてで7割前後の支持を得ています。なお、4項目とも、2位以下はau(KDDI)、ソフトバンクモバイルの順となっています。


県別、職業別、場所別でもドコモの満足度が高いが他キャリアも迫る

全体だけではなく、県別や職業別、場所別といった集計でもNTTドコモの満足度は高いのですが、たとえば県別では静岡県、場所別では鉄道駅や地下鉄駅など、一部のジャンル・切り口で他キャリアが迫っており、とくにauは一部で逆転するなど、他キャリアの満足度も決して低いわけではありません。

詳細はプレスリリース本文をご覧ください。


調査概要

(1)調査時期:   2014年12月3日~9日
(2)調査方法:   ネットアンケート
(3)調査対象:   東海4県在住の15歳から34歳までの男女。
(4)有効回答数:  1,107サンプル
(5)満足度とは:   アンケートでは、それぞれの項目についての評価を、
          「満足」「やや満足」「どちらとも言えない」「やや不満」「不満」
           の5段階で表してもらった。


<本件に関する報道関係からのお問い合わせ>
株式会社角川アスキー総合研究所
担当:中西、泉 (TEL:03-5216-8125、Mail:info@lab-kadokawa.com)

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング