1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

航空機用シール材の市場規模、2026年に24億米ドル到達予測

PR TIMES / 2021年10月15日 16時15分

株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「航空機用シール材の世界市場 (~2026年): タイプ (ダイナミック・スタティック)・用途 (エンジン・機体・アビオニクス・飛行制御システム・着陸装置)・素材 (複合材料・ポリマー・金属)・エンドユーザー (OEM・アフターマーケット)・プラットフォーム・地域別」(MarketsandMarkets)の販売を10月14日より開始いたしました。

【 当レポートの詳細目次 】
https://www.gii.co.jp/report/mama1027155-aircraft-seals-market-by-type-dynamic-static.html



[画像: https://prtimes.jp/i/71640/1224/resize/d71640-1224-49bea4c270f4c92754de-0.png ]


航空機用シール材の市場規模は、2021年の19億米ドルからCAGR5.1%で成長し、2026年には24億米ドルに達すると予測されています。同市場は、航空機保有台数の増加や、航空機用シール材の交換サイクルが短いことなどにより、牽引されています。


COVID-19による航空機用シール材市場への影響

航空機用シール材市場では、SKF(スウェーデン)、Saint-Gobain(フランス)、Trelleborg Sealing Solutions(スウェーデン)、Meggitt PLC(英国)、Parker Hannifin Corporation(米国)などの大手企業が活躍しています。これらの企業は、北米、欧州、アジア太平洋、中東、アフリカ、ラテンアメリカなど、さまざまな国で事業を展開しています。COVID-19は彼らのビジネスにも影響を与えており、2020年にパンデミックが航空機用シール材の生産やサービスに与える影響は、世界全体で7~10%になると考えられています。

牽引要因:航空機保有台数の増加によるORMやアフターマーケットでのシール材需要の増加

航空機用シール材市場は、世界的な航空旅客数の増加に伴い、成長すると予想されています。Airbus社やBoeing社などの企業は、COVID-19パンデミックの後、市場の完全な回復を見込んでいます。Airbus社は、A320ファミリーの生産量を2021年末までに月産45機に引き上げる意向で、2023年第2四半期には月産64機、2024年には月産70機となるよう準備を求めています。また、米国、中国、インド、ロシア、英国が軍事費を増加させているため、軍用機の生産数も増加しています。商用機や軍用機に加えて、各国間の国際貿易の拡大に伴い、貨物機の需要も増加しています。航空機用シール材は、様々なシステムの中で重要な役割を果たしており、航空構造物を確実に密閉するための前提条件となっています。航空機の保有数が世界的に増加すると、それに比例してアフターマーケット分野でのシール材の需要も増加します。したがって、世界的な航空旅行の増加とそれに伴う新しい航空機の需要が、航空機用シール材のOEM市場を牽引することになります。

航空機用シール材は、オイルやその他の航空機システムの液体などの媒体に常にさらされています。これは航空機の非常にデリケートな部品であり、その摩耗や損傷をコントロールするために適切な取り扱いが必要です。メンテナンスやオーバーホールの際に重要な航空機部品を乱暴に扱うと、破損の原因となるため、関連するシールやスペアと一緒に交換する必要があります。このため、航空機用シールは常に交換が必要となりその需要が高まっています。


【 無料サンプル 】
当レポートの無料サンプルは、こちらからお申し込みいただけます。
https://www.gii.co.jp/report/mama1027155-aircraft-seals-market-by-type-dynamic-static.html

【本件に関するお問合せ先】
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
TEL:044-952-0102(9:00-18:00 土日・祝日を除く)
E-mail:dbm@gii.co.jp
URL: https://www.gii.co.jp

【株式会社グローバルインフォメーション 会社概要】
1995年の創立以来、海外市場調査レポートの販売を通じて企業のグローバル展開を支援しています。世界6カ国に拠点を持ち、海外の提携調査会社250社以上が発行する調査資料約10万点をワンストップでご提供。市場情報販売のグローバル・リーディングカンパニーを目指し、企業ならびに社会の発展に寄与すべく、お客様にとって真に価値ある情報をお届けしています。

創立:1995年
所在地:215-0004 神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F
事業内容:市場調査レポート/年間契約型情報サービスの販売、委託調査の受託、国際会議/展示会の代理販売
市場調査レポート/年間契約型情報サービス: https://www.gii.co.jp
委託調査: https://www.gii.co.jp/custom_research/
国際会議/展示会: https://www.giievent.jp/partnering.shtml

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング