あかりのシーンを記憶し、ワンタッチで再生、小型記憶調光システム「ライトマネージャーFx」新発売

PR TIMES / 2014年5月26日 13時7分



パナソニック株式会社 エコソリューションズ社は、LED照明器具に対応し、複数の照明によるあかりのシーンを記憶し再生できる小型記憶調光システム「ライトマネージャーFx (エフエックス)」2品種を2014年6月1日に発売します。4つのシーンを記憶することが可能で、「シーン選択ボタン」の簡単な操作で、いつでも誰でも再現できます。

▼小型記憶調光システム「Light Manager FX」
http://www2.panasonic.biz/es/lighting/control/lightcontrol/lineup/light_m_fx.html

LED照明の急速な普及に伴い、昨今、「照明器具を調光する」というあかりの演出ニーズが高まっています。
新たに、発売する「ライトマネージャーFx 」2品種は、複数の調光器を操作する必要がなく、1台にまとめることで、効率化を図るとともに、壁面スペースの見た目をスッキリできます。また、パナソニック従来製品では白熱灯以外の光源について照明器具との間に別途、ブースタや信号変換インターフェースが必要でしたが、本製品では、パナソニックの信号線式連続調光型LED照明器具(※3)や連続調光インバータ照明器具(※4)と直接、接続して調光できるため、省施工を実現しました。その他のLED照明器具などについても信号変換インターフェース(※5)との組み合わせで使用できます。
さらに、複数照明によるお好みのあかりのシーンを記憶し、ワンタッチで再生可能です。例えば、飲食店舗の場合、明るく清潔感のある「カフェタイムのあかり」や料理を引き立てる落ち着いた「ディナータイムのあかり」など、シチュエーションや時間帯に応じたあかりのシーンを設定しておき、あかりを変化させることで快適な空間を提供できます。また、シーンの切り替え時間はドラマチックな明るさの変化や気がつかないほどゆっくりとした移行など、自由に設定できます。

パナソニックは、本製品であかりによる演出が求められる飲食店、物販店などの店舗や結婚式場、映画館、会議室などの施設、一般家庭でのホームシアタールームなど「こだわりの空間」づくりに貢献していきます。

※1:ただし、起動方式EDHの照明器具は18台。また、信号変換インターフェース・信号線式LED用 NQL10121と組み合わせることで最大50台(起動方式EDHの照明器具は25台)に増幅可能。
※2:フェード時間0~59秒、1~99分。シーン選択子器NK28814:27,000円(税抜)やワイヤレスモコン操作器NK28658:8,500円(税抜)と組み合わせると最大8シーンまで記憶・再生することができます。
※3:起動方式LD・LZ・LA・LT・LX・LY・LV
※4:起動方式EDH・EYH・PD・PX・PY・WX
※5:信号線式LED用 NQL10121:39,800円(税抜)、LED用 NQL10111:39,800円(税抜)、LED電球用 NQL10101:39,800円(税抜)、ON/OFF用 NQL10131:39,800円(税抜)の4品番

<特長>
(1)省施工で幅広いLED照明器具に対応
(2)あかりのシーンを4つまで記憶し、ワンタッチで再生
(3)シーンの切り替え時間を自由に設定可能

▼小型記憶調光システム「Light Manager FX」
http://www2.panasonic.biz/es/lighting/control/lightcontrol/lineup/light_m_fx.html

■お問い合わせ先
お客様ご相談センター フリーダイヤル 0120-878-365(受付:9:00~20:00)
エコソリューションズ社 ライティング事業部 ライティング機器ビジネスユニット 調光事業推進チーム 06-6908-1131(代表 受付8:45~17:30)

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング