全仏オープンテニスに挑む伊藤竜馬に独占インタビュー!本日「全仏オープンテニス」1回戦に出場!・・・WOWOWで生中継

PR TIMES / 2012年5月29日 19時17分



フランス・ローランギャロスでいよいよ開幕した2012年のグランドスラム第2戦「全仏オープンテニス」(WOWOWで6月10日(日)まで連日生中継)。大会第3日目(5月29日)に行われる男子シングルス1回戦で、第4シードのアンディ・マレー(イギリス)と対戦する伊藤竜馬選手に、WOWOWが現地にて独占インタビューを行った。


Q:ランキングを自己ベストの69位に更新しましたが、何が進化したのでしょうか?

伊藤:今年に入ってから精神的に安定して、自分のテニスを練習通りに試合でも発揮できていると思います。ショット自体は変わっていないのですが、バリエーションが増えたと思います。トップスピンを打ったり、アングルを打ったり、ドロップショットを打ったりと、プレーの幅を広げて、一本調子にならないで戦えるようになりました。

Q:クレーコートシーズンに入り、先週はラデク・ステパネク(チェコ)に勝ちましたが、その時の心境はどうでしたか?

伊藤:本当にしつこくていやらしい相手だったのですが、我慢して粘って、ハードコートではなくクレーコートで勝てたことは大きな自信になりました。以前はトップ選手と戦う時に名前負けすることがあったのですが、今は自分を信じていれば勝てるという気持ちでいます。先週は緊張もせず、競った時でもしっかり攻めることができたので、それが勝利に繋がったと思います。

Q:全豪では初戦突破の嬉しさと、2回戦敗退の悔しさがあったと思いますが、それらは財産になっていますか?

伊藤:1回戦を突破して、本当は2回も勝ちたかったのですが負けてしまいました。嬉しさと悔しさの中で自信にも繋がりましたし、ここで戦っていけるという始まりでもあったので、それが今に繋がっていると思います。チャレンジャーのカテゴリーの中でしっかり勝てるようになりましたし、トップ選手にも勝てるようになったので、これをまた新たな始まりのステップとして次に臨んでいきたいです。

Q:初戦の相手がアンディ・マレーと知った時、どんな思いでしたか?

伊藤:「きたー!」と思いましたね(笑)。 トップ4とシングルスで戦うのは初めてなので、本当に嬉しかったです。実際に戦ってみて自分のレベルを試してみたいですし、どこまで通用するのかを知りたいです。勝てる可能性もあるので、それを信じて最後まで戦っていきたいです。

Q:去年、ダブルスでマレー兄弟との対戦機会がありましたが、その時のアンディの印象はどうでしたか?

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング