新動画圧縮規格HEVC再生用システムLSIを開発~業界初、1チップでHEVC 4K60p映像再生、HDMI出画に対応

PR TIMES / 2014年6月10日 18時53分



パナソニック株式会社は、新動画圧縮規格HEVC[1] Main10 Profileに準拠し、新著作権保護に対応した映像再生を1チップで実現するシステムLSIを業界で初めて(※1)開発しました。これにより、デジタルサイネージ[2]などの大型ディスプレイ用に濃淡が滑らかで動きの速い映像を再生させることが可能になります。

なお本製品は、2014年6月11日~13日に幕張メッセで開催されるデジタルサイネージジャパン2014に出展します。

▼システムLSI事業部製品情報
http://www.semicon.panasonic.co.jp/jp/products/systemlsis/
▼「デジタルサイネージジャパン2014」に出展
※本 HEVC再生用システムLSIも出展します。
http://panasonic.co.jp/news/topics/2014/123574.html

本LSIは、1チップでHEVC規格により圧縮された4K60p[3]、10ビットカラー[4]映像を再生することができるため、10億の階調による滑らかな濃淡を表現した映像を出力するデジタルサイネージなどが実現可能です。また本LSIは、複雑な基板設計が必要となる外付けDDRメモリを使用せずに設計ができるため、基板をコンパクトにでき映像再生機器への組込みが容易になります。

【HEVC再生用システムLSIの特長】
1.4K60p、10ビットカラーの高精細映像をリアルタイムにデコードし、動きがスムーズで滑らかな濃淡の4K映像を再生可能
2.新著作権保護HDCP2.2[5]に対応した出画インターフェースHDMI2.0[6]により、プレミアムコンテンツを含む様々な映像を、多様な表示機器に出画可能
3.メモリチップとの1パッケージ化により、外付けDDRメモリを不要とするシステムが構築でき、コンパクトで低電力なロジック基板を実現可能
4.PCI Expressに対応しているため、パソコン用PCIアドインカードとして実装することでパソコンの動画再生機能を拡張し、4K映像再生を実現可能

【内容】
本製品は以下の技術によって実現しました。
1.パナソニック従来品比2倍(※2)の処理性能を実現する、HEVCハードウェアデコーダ回路設計技術
2.4K60p対応の各種高速ビデオインターフェース技術、新著作権保護技術
3.JEDEC(Joint Electron Engineering Council)準拠のWide IOメモリ[7]を高効率にアクセスできる独自のバス・メモリアーキテクチャ、およびチップ・オン・チップ実装のためのチップレイアウト技術
4.PCI Expressインターフェース上のリアルタイム映像伝送技術

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング