1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

世界の脳インプラント市場ー製品別(脳深部刺激療法、脊髄刺激装置、迷走神経刺激装置)、用途別(慢性疼痛、てんかん、パーキンソン病、うつ病、など)および地域別ー予測2022ー2030年

PR TIMES / 2021年10月8日 9時15分

SDKI Inc.は、脳インプラント市場の新レポートを2021年10月07日に発刊しました。この調査には、脳インプラント市場の成長に必要な統計的および分析的アプローチが含まれています。レポートで提供される主要な産業の洞察は、市場の既存のシナリオに関する読者に市場の概要についてのより良いアイデアを提供します。さらに、レポートには、市場の成長に関連する現在および将来の市場動向に関する詳細な議論が含まれています。

レポートのサンプルURL
https://www.sdki.jp/sample-request-112066



脳インプラント市場は、2022年に50.0億米ドルの市場価値から、2030年までに92.0億米ドルに達すると推定され、2022-2030年の予測期間中に9.1%のCAGRで成長すると予想されています。

[画像: https://prtimes.jp/i/72515/1270/resize/d72515-1270-1a141e2a3512f7505784-1.png ]

調査レポートの詳細内容について
https://www.sdki.jp/reports/brain-implants-market/112066

脳インプラントは、電子デバイス(主に、患者の体の五感を反射、記録、覆い隠し、促進するために使用される)を利用して脳の皮質にリンクされたニューラルネットワークインプラントのセットです。脳インプラント技術を使用した動物の脳活動の分析では、多くの臨床試験がまだ進行中です。また、人間の場合、脳波(EEG)などの脳分析を実行するためにコンピューターチップに接続されることがあります。うつ病またはパーキンソン病に関する臨床試験も、脳機能を促進し、患者の心をリラックスさせることにより、重要な進展を生み出しています。これは、世界中での脳インプラントの採用を強化することに大きく貢献しています。さらに、高齢化人口の増加によるアルツハイマー病、パーキンソン病などの神経疾患の有病率の上昇、およびMRI安全対応脳インプラントなどの高度な技術の出現は、予測期間中に市場の成長を推進するいくつかの要因です。

Alzheimer’s Associationによると、2019年には、すべての年齢層の580万人のアメリカ人がアルツハイマー型認知症を患っており、2050年までに約1400万人に成長すると予測されています。さらに、2015年の世界疾病負荷の報告によると、パーキンソン病の世界的な負担は2015年には約620万人であり、この推定値は2040年までにパーキンソン病の約1300万人に達すると予測されています。これは、脳インプラントの需要を強化する可能性があります。

しかし、脳インプラントデバイスの高コストは、2022ー2030年の予測期間中に脳インプラント市場の成長を抑制する可能性があります。

脳インプラント市場セグメント

脳インプラント市場は、製品別(脳深部刺激療法、脊髄刺激装置、迷走神経刺激装置)、用途別(慢性疼痛、てんかん、パーキンソン病、うつ病、本態性振戦、アルツハイマー病)および地域別に分割されます。これらのセグメントは、さまざまな要因に基づいてさらにサブセグメント化され、各セグメントおよびサブセグメントの複合年間成長率、評価期間の市場価値およびボリュームなど、市場に関するいくつかの追加情報で構成されます。

脳インプラント市場の地域概要

北米地域は、予測期間中に市場シェアの点で世界をリードする地域です。これは、神経障害に関する意識を高めるための政府の支援と資金の増加、およびこの地域での市場ベンダーの大きな存在に起因しています。一方、アジア太平洋地域の脳インプラント市場は、2022ー2030年の予測期間中に最大のCAGRを記録すると予想されます。神経疾患、(特にパーキンソン病やてんかん)の有病率の上昇、と中国やインドなどの発展途上国で急速に成長している医療インフラなどの要因が、この地域の脳インプラント市場の成長を後押ししています。

これらの地域セグメントは、北米(米国およびカナダ);アジア太平洋(中国、インド、日本、韓国、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、ニュージーランド、シンガポール、その他のアジア太平洋);ラテンアメリカ(ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、その他のラテンアメリカ);中東およびアフリカ(イスラエル、GCC [サウジアラビア、アラブ首長国連邦、バーレーン、クウェート、カタール、オマーン]、北アフリカ、南アフリカ、その他の中東およびアフリカ)およびヨーロッパ(英国、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、ハンガリー、ベルギー、オランダ、ルクセンブルグ、NORDIC、ポーランド、トルコ、ロシア、その他のヨーロッパ)などが含まれています。

脳インプラント市場の主要なキープレーヤー

脳インプラント市場の主要なキープレーヤーには、Boston Scientific Corporation、Abbott Laboratories、Medtronic plc、Nevro Corp.、NeuroPace, Inc.、Synapse Biomedical Inc.、Aleva Neurotherapeutics SA、Cochlear Ltd.、Terumo Corporation、Edwards Lifesciences Corporationなどがあります。この調査には、脳インプラント市場におけるこれらの主要企業の詳細な競合分析、企業プロファイル、最近の動向、および主要な市場戦略が含まれています。

レポートのサンプルURL
https://www.sdki.jp/sample-request-112066

SDKI Inc.会社概要
SDKI Inc.の目標は、日本、中国、米国、カナダ、英国、ドイツなど、さまざまな国の市場シナリオを明らかにすることです。また、リサーチアナリストやコンサルタントの多様なネットワークを通じて、成長指標、課題、トレンド、競争環境など、信頼性の高いリサーチインサイトを世界中のクライアントに提供することに重点を置いています。SDKIは、30か国以上で信頼と顧客基盤を獲得しており、他の手つかずの経済圏での足場を拡大することにさらに注力しています。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング