デビュー20周年を迎えるLUNA SEAが、WOWOWのためだけに行う、約12年ぶりとなるテレビ番組でのライブパフォーマンス。初披露する最新楽曲映像も必見。

PR TIMES / 2012年7月9日 9時20分



1990年代以降の日本のロック・シーンに一大旋風を巻き起こし、その後登場した多くのアーティストに影響を与え続けている孤高のロック・バンドLUNA SEA。今年は彼らがメジャーデビューを飾ってから20年という節目の年にあたる。2010年に「REBOOT」と銘打った再起動を果たし、再びアグレッシブな活動を展開し続けているLUNA SEA。WOWOWでは7月8日、そんな彼らのデビュー20周年を記念したスペシャル・プログラム『LUNA SEA TV SPECIAL -The End of the Dream-』をオンエアする。
 実に約12年ぶりのテレビ出演となるLUNA SEAをフィーチャーした、このプログラムのコンセプトは「観客のいないライブ収録」。オーディエンスを動員せずに行なわれるセッションライブの模様をお届けするという内容だ。セットリストは、これまでにリリースされたアルバムからの厳選した名曲の数々で構成。さらに、3月21日にリリースされた約12年ぶりのCDシングル「THE ONE-crash to create-」も収録予定。LUNA SEA史上最も長い23分弱に及ぶ演奏時間を有する同曲はライブでの再現が非常に難しいと言われており、今回がテレビ史上初の試みとなる。LUNA SEA屈指の大作を、会場中に張り巡らした、通常では撮ることが不可能なカメラアングルでお送りする“これまでに見たことのない”LUNA SEAのパフォーマンスは必見だ。
 「見るほどに、新しい出会い。」をコーポレートメッセージとする、WOWOWならではの斬新な試みにご期待ください。

【番組情報】
WOWOW Presents LUNA SEA TV SPECIAL -The End of the Dream-
7月8日夜8:00~ WOWOWライブでオンエア

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング