【参加者募集】「プロボノ TO ふくしま 2014」報告共有会 in 二本松 ~パナソニック社員プロボノチームが福島県で復興支援に取り組むNPOを応援~

PR TIMES / 2014年7月14日 15時23分



パナソニック株式会社は、2014年7月26日(土)に福島県二本松市で、社員のビジネススキルを活かして同県内の復興支援団体を応援する「プロボノ TO ふくしま 2014」の報告共有会を特定非営利活動法人 サービスグラント、一般社団法人 ふくしま連携復興センターと開催します。この報告共有会を一般の方々にも公開します。

▼「プロボノ TO ふくしま 2014」報告共有会の詳細はこちら
http://www.servicegrant.or.jp/event/index.php?id=125

「プロボノ」とは、ラテン語の「公共善のために(Pro Bono Publico)」に由来する言葉で、"専門的なスキルや経験を活かしたボランティア活動"を意味します。

「プロボノ TO ふくしま」は、パナソニックグループの社員プロボノが福島県内で復興支援に取り組む5団体の「団体紹介資料の改善」や、「支援者・協力者を呼びかける広報ツールの作成」「ウェブサイトの企画」などに挑戦する、1泊2日の短期集中型プログラムです。参加する23名の社員プロボノは、約1ヶ月前からチームごとに事前の準備を行い、情報収集や仮説の検討をした上で、2014年7月25日(金)に福島を訪れます。

各復興支援団体と社員プロボノチームとの間で繰り広げられる協働作業は、果たしてどのような成果を結ぶのか・・・。2日間のプロボノ活動を締めくくる場として、5団体の皆さまと社員プロボノチームが今回の取り組みを発表・共有する報告会を開催します。

「プロボノ」を初めて耳にする方から、企業の社会貢献活動や復興支援の新手法にご関心のある方、さらに「将来的にプロボノのサポートを受けてみたい」という福島県内の団体の方まで、この機会にぜひご参加ください。皆さまのご来場をお待ちしています。

【開催概要】
日時: 2014年 7月 26日(土)13:00-15:00
場所: 二本松市市民交流センター・大山忠作美術館
[会場詳細・地図はこちら]http://www.city.nihonmatsu.lg.jp/site/shisetu/1543.html
定員: 50名
費用: 無料
▼参加申込方法
参加希望の方はご連絡ください。
一般社団法人 ふくしま連携復興センター(担当: 元岡)
電話: 024-573-2732

共催: 一般社団法人 ふくしま連携復興センター
特定非営利活動法人 サービスグラント
パナソニック株式会社

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング