AI 全国28都市29公演におよぶ全国ツアーのファイナル 日本武道館公演を8月12日にWOWOWで独占オンエア!

PR TIMES / 2012年8月10日 17時47分



今年2月にリリースしたアルバム『INDEPENDENT』は、ロサンゼルス、ニューヨーク、そして東京の3都市を行き来し、7か月という時間を掛けて作り上げたAIの自信作だ。10代の後半をロスで過ごし、本場のゴスペルからたくさんの音楽的素養を身につけた彼女は、パワフルでソウルフルなボーカルで多くの人たちに元気と勇気を与え続けてきた。シングルやアルバムで聴くだけでもAIの魅力は十二分に楽しめるが、それに以上に体感できるのはやっぱりライブだろう。最新アルバムをひっさげての全国ツアー“AI「INDEPENDENT」TOUR 2012」は4月13日の三郷市文化会館からスタートしたが、6月22日に日本武道館でファイナルを迎えた。
 オープニングナンバーは最新アルバムのリード曲「INDEPENDENT WOMAN」。ステージセットの2階部分から登場したAIは、ポールを伝って降りてきて、ビートの聴いたサウンドに合わせて力強い歌声とキレのあるダンスを披露した。「みんな元気? SAY“YEAH!!”」と観客を煽り、序盤から一気にヒートアップしていく。前半のハイライトのひとつとして、マイケル・ジャクソンとホイットニー・ヒューストンのメドレーが挙げられるだろう。AIにとって、マイケルとホイットニーは小さな頃から聴いて育ってきた大好きなアーティストなので、このふたりの名曲を自分のファンの人たちと共有したくて今回のツアーで歌うことを決めた。その思いはしっかりと1万人のファンに伝わったはず。
 後半は、映画『ベルセルク 黄金時代篇I 覇王の卵』のエンディング・テーマとして書き下ろされた「ウツクシキモノ」で、壮大なスケールのサウンドに感情をたっぷりと込めたボーカルを乗せ、前半とは違う一面を感じさせてくれた。そして、彼女の代表曲である「Story」。この曲はリリースされてから7年が経つが、“一人じゃないから 私がキミを守るから”という歌詞とメッセージは今も健在だ。むしろ、より力強くなっているような印象も受けた。
 終盤は「YOU ARE MY STAR」「One Love」「ハピネス」という、みんなで盛り上がれる楽曲を連発。「ハピネス」は大合唱となり、大きな一体感のあるエンディングとなった。
 アンコールは、AIも本編よりリラックスした表情になっていて、トークも絶好調だった。「本当に早過ぎて、曲を飛ばしたんじゃないかって思うぐらい」と、終わってしまうのがさみしい、終わりたくないという気持ちがあふれていた。そして、初期の名曲「LIFE」をはじめ、たっぷりと7曲を歌い、ツアーファイナルの幕が下ろされた。シンガーとしてだけでなく、一人の人間としての温かみや魅力も伝わってきたステージだったのではないだろうか。
 この公演の模様は、8月12日(日)夜9時から「AI-LIVE in 日本武道館-」としてWOWOWで独占オンエアされることが決定した。ツアーに参加した人も参加できなかった人も、AIの迫力あるステージパフォーマンスをじっくりと楽しんでもらいたい。
(文・田中隆信)

オンエアに先駆けて、WOWOWホームページでオンエア予定曲目一部発表!
さらに「ハピネス」、「Story」のライブダイジェスト映像を期間限定特別先行公開中!

■WOWOW オンエア予定曲目
INDEPENDENT WOMAN
Human Nature (マイケル・ジャクソン・カバー)
I'm Every Woman (ホイットニー・ヒューストン・カバー)
Billie Jean(マイケル・ジャクソン・カバー)  
I Have Nothing (ホイットニー・ヒューストン・カバー)
I Just Can't Stop Loving You(マイケル・ジャクソン・カバー)
Story
My Friend
YOU ARE MY STAR
One Love
ハピネス
Wavin' Flag(Coca Cola Celebration Mix -Version AI-)
Beautiful Life
I Wanna Know  


■オンエア情報
AI -LIVE in 日本武道館-
8/12(日)よる9:00~ WOWOWライブ









企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング