1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

世界のインターベンショナル神経学市場ー製品別(動脈瘤コイルと塞栓装置、脳バルーン血管形成術とステント留置システム、サポート装置、神経血栓切除装置)疾患病理学別、および地域別ー予測2022ー2030年

PR TIMES / 2021年11月2日 20時45分

SDKI Inc.は、世界のインターベンショナル神経学市場の新レポートを2021年11月02日に発刊しました。この調査には、インターベンショナル神経学市場の成長に必要な統計的および分析的アプローチが含まれています。レポートで提供される主要な産業の洞察は、市場の既存のシナリオに関する読者に市場の概要についてのより良いアイデアを提供します。さらに、レポートには、市場の成長に関連する現在および将来の市場動向に関する詳細な議論が含まれています。

レポートのサンプルURL
https://www.sdki.jp/sample-request-58927



インターベンショナル神経学市場は、2022年に26.9億米ドルの市場価値から、2030年までに47.9億米ドルに達すると推定され、2022-2030年の予測期間中に8.60%のCAGRで成長すると予想されています。
[画像: https://prtimes.jp/i/72515/1364/resize/d72515-1364-fccd47b60354a190ca65-1.png ]


調査レポートの詳細内容について
https://www.sdki.jp/press-details/global-interventional-neurology-market/81

インターベンショナル神経学は、神経疾患の非外科的治療に採用された新しい手順です。インターベンショナル神経学は、末梢神経系および神経系の診断に幅広い用途があります。大規模なターゲット患者人口、継続的な製品開発と商業化、および有利な医療費の払い戻しは、インターベンショナル神経学市場の成長を推進する重要な要因です。世界保健機関によると、神経障害は世界の疾病負荷の6.3%を占めています。また、European Academy of Neurologyによると、2018年にはヨーロッパで約2億2,070万人が神経疾患に苦しんでいます。

また、新興市場全体でのヘルスケアインフラストラクチャの拡大、および効果的な神経血管デバイスに対する需要の高まりが、インターベンショナル神経学市場の成長にさらに貢献しています。さらに、神経血管治療の分野での研究活動の増加、および低侵襲脳神経外科手術の需要の高まりは、予測期間中にインターベンショナル神経学市場に大きな成長の機会を生み出すと予想されます。Indian Brand Equity Foundationによると、2018年、神経障害の症例が増加しているため、政府は治療に約11.4億米ドルを費やしており、中枢神経系障害の認識を提供します。また、米国では、メンタルヘルス治療への総支出は、政府の総医療支出の2.4%を占めています。さらに、流通ネットワークの強化とローカライズされた製造に起因する製品のコストの低下は、予測期間中にインターベンショナル神経学市場の成長を後押しする可能性があります。

しかし、厳格な規制、と熟練した脳神経外科医の欠如は、2022ー2030年の予測期間中にインターベンショナル神経学市場の成長を妨げる可能性があります。

インターベンショナル神経学市場セグメント

インターベンショナル神経学市場は、製品別(動脈瘤コイルと塞栓装置、脳バルーン血管形成術とステント留置システム、サポート装置、神経血栓切除装置)疾患病理学別(虚血性脳卒中、脳動脈瘤、動静脈奇形と瘻孔、その他の疾患病理学)、および地域別に分割されます。これらのセグメントは、さまざまな要因に基づいてさらにサブセグメント化され、各セグメントおよびサブセグメントの複合年間成長率、評価期間の市場価値およびボリュームなど、市場に関するいくつかの追加情報で構成されます。

インターベンショナル神経学市場の地域概要

北米地域は、市場シェアの点で世界をリードする地域です。これは、高齢者人口の増加、高い購買力、および確立された医療インフラに起因しています。一方、アジア太平洋地域のインターベンショナル神経学市場は、予測期間中(2022ー2030年)に最大のCAGRを登録すると予想されます。高齢者人口の増加、可処分所得の増加、神経疾患の発生率の増加、と医療インフラの改善などの要因は、アジア太平洋地域のインターベンショナル神経学市場に有利な成長の機会を生み出すます。さらに、インターベンショナル神経学デバイスによって提供される利点に関する脳神経外科医の間での意識の高まり、およびこの特定の地域で医療インフラストラクチャを近代化および拡張するための継続的な政府のイニシアチブも、インターベンショナル神経学市場の成長に貢献しています。

これらの地域セグメントは、北米(米国およびカナダ);アジア太平洋(中国、インド、日本、韓国、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、ニュージーランド、シンガポール、その他のアジア太平洋);ラテンアメリカ(ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、その他のラテンアメリカ);中東およびアフリカ(イスラエル、GCC [サウジアラビア、アラブ首長国連邦、バーレーン、クウェート、カタール、オマーン]、北アフリカ、南アフリカ、その他の中東およびアフリカ)およびヨーロッパ(英国、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、ハンガリー、ベルギー、オランダ、ルクセンブルグ、NORDIC、ポーランド、トルコ、ロシア、その他のヨーロッパ)などが含まれています。

インターベンショナル神経学市場の主要なキープレーヤー

インターベンショナル神経学市場の主要なキープレーヤーには、Stryker Corporation、Medtronic PLC、Johnson & Johnson、Terumo Corporation、Penumbra, Inc.、Boston Scientific Corporation、Microport Scientific Corporation、Merit Medical Systems, Inc.、W.L. Gore & Associates, Inc.、Abbott Laboratoriesなどがあります。この調査には、インターベンショナル神経学市場におけるこれらの主要企業の詳細な競合分析、企業プロファイル、最近の動向、および主要な市場戦略が含まれています。

レポートのサンプルURL
https://www.sdki.jp/sample-request-58927

SDKI Inc.会社概要
SDKI Inc.の目標は、日本、中国、米国、カナダ、英国、ドイツなど、さまざまな国の市場シナリオを明らかにすることです。また、リサーチアナリストやコンサルタントの多様なネットワークを通じて、成長指標、課題、トレンド、競争環境など、信頼性の高いリサーチインサイトを世界中のクライアントに提供することに重点を置いています。SDKIは、30か国以上で信頼と顧客基盤を獲得しており、他の手つかずの経済圏での足場を拡大することにさらに注力しています。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

10秒滞在

記事を最後まで読む

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください