1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

世界の凝固分析装置市場ー製品別(臨床検査室、消耗品、試薬、など)、テスト別(プロトロンビン時間テスト(PT)、フィブリノーゲン、など)、テクノロジー別、エンドユーザー別、および地域別ー予測2030年

PR TIMES / 2021年11月16日 9時45分

SDKI Inc.は、「世界の凝固分析装置市場ー予測2022ー2030年」新レポートを 2021年11月15日に発刊しました。この調査には、凝固分析装置市場の成長に必要な統計的および分析的アプローチが含まれています。レポートで提供される主要な産業の洞察は、市場の既存のシナリオに関する読者に市場の概要についてのより良いアイデアを提供します。さらに、レポートには、市場の成長に関連する現在および将来の市場動向に関する詳細な議論が含まれています。

レポートのサンプルURL
https://www.sdki.jp/sample-request-58646



凝固分析装置市場は、2022年に33.9億米ドルの市場価値から、2030年までに50.0億米ドルに達すると推定され、2022-2030年の予測期間中に5.7%のCAGRで成長すると予想されています。
[画像: https://prtimes.jp/i/72515/1392/resize/d72515-1392-42a80798ebe59696c4a4-1.png ]

調査レポートの詳細内容について
https://www.sdki.jp/press-details/global-coagulation-analyzer-market/111

凝固分析装置は血小板レベルの測定を提供します。凝固検査は止血システムの診断に使用され、新しい凝固計は血漿の膨張と血液中の血栓を観察するために使用されます。血液凝固障害の発生率の増加、およびビタミンKの欠乏、肥満、喫煙などの要因につながるライフスタイルの変化はすべて血液凝固につながることは、凝固分析装置の需要が高まっています。さらに、ライフスタイル関連疾患、慢性血液疾患、および心血管疾患に苦しむ人口ベースの増加は、凝固分析装置市場の成長を促進すると予想されます。

2019年1月に発行された米国心臓協会のCirculationJournal Report Annual Statisticsアップデートによると、米国の成人の48%が何らかの形のCVDを患っています。

また、European Heart network report 2017によると、心血管疾患はヨーロッパで390万人の死亡を引き起こし、全死亡の45%を占めています。これらの状態に対する意識の高まりは、診断率と予防ケア管理を拡大する可能性があり、それにより検査量が大幅に増加すると予測されています。これは、予測期間中に凝固分析装置市場の成長を推進しています。さらに、臨床検査室や診断センターの成長により、血栓のある患者の数が増加しているため、凝固分析装置に対する大きな需要が生まれています。これはまた、凝固分析装置市場の大幅な成長に貢献しています。また、プロセスの自動化の向上は、凝固分析装置市場に有利な成長の機会が生み出します。

しかし、高コスト、と厳格な政府規制は、2022ー2030年の予測期間中に凝固分析装置市場の成長を抑制する可能性があります。

凝固分析装置市場セグメント

凝固分析装置市場は、製品別(臨床検査室、消耗品、試薬、PoCT、手動、自動)、テスト別(プロトロンビン時間テスト(PT)、フィブリノーゲン、APTT、活性化凝固時間テスト(ACT)、活性化部分トロンボプラスチン時間テスト、Dダイマー、血小板機能テスト、抗因子XAテスト、ACTのヘパリンとプロタミン用量反応テスト、その他の凝固テスト)、テクノロジー別(光学、機械、電気化学)、エンドユーザー別(臨床研究所、病院)、および地域別に分割されます。これらのセグメントは、さまざまな要因に基づいてさらにサブセグメント化され、各セグメントおよびサブセグメントの複合年間成長率、評価期間の市場価値およびボリュームなど、市場に関するいくつかの追加情報で構成されます。

凝固分析装置市場の地域概要

凝固分析装置市場は地域に基づいてさらに細分化されており、各国の市場成長が評価されます。これらには、北米(米国、カナダ、およびその他の北米)、ヨーロッパ(ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、英国、およびその他のヨーロッパ)、アジア太平洋(中国、日本、インド、オーストラリア、シンガポール、およびその他のアジア太平洋)およびその他の地域が含まれます。

北米地域は、市場シェアの点で世界をリードする地域です。これは、診療所や病院の数が増えていること、とこの地域で十分に確立された医療インフラストラクチャに起因しています。一方、アジア太平洋地域の凝固分析装置市場は、2022ー2030年の予測期間中に最大の成長率を目撃すると予想されます。人口の増加、と心血管疾患やその他の慢性疾患の有病率の増加などの要因が、この地域の凝固分析装置市場の成長を後押しする可能性があります。さらに、医療インフラの改善のための政府のイニシアチブの増加、一般外科の数の増加、およびアジア太平洋地域のいくつかの国での研究活動の成長も、予測期間中に凝固分析装置市場の成長に貢献しています。

凝固分析装置市場の主要なキープレーヤー

凝固分析装置市場の主要なキープレーヤーには、Abbott Laboratories、Danaher Corporation、Siemens Healthineers AG、Sysmex Corporation、Thermo Fisher Scientific Inc.、Horiba Ltd.、Nihon Kohden Corporation、Roche Diagnostics、Maccura Biotechnology Co. Ltd.、Bio Group Medical Systemなどがあります。この調査には、凝固分析装置市場におけるこれらの主要企業の詳細な競合分析、企業プロファイル、最近の動向、および主要な市場戦略が含まれています。

レポートのサンプルURL
https://www.sdki.jp/sample-request-58646

SDKI Inc.会社概要
SDKI Inc.の目標は、日本、中国、米国、カナダ、英国、ドイツなど、さまざまな国の市場シナリオを明らかにすることです。また、リサーチアナリストやコンサルタントの多様なネットワークを通じて、成長指標、課題、トレンド、競争環境など、信頼性の高いリサーチインサイトを世界中のクライアントに提供することに重点を置いています。SDKIは、30か国以上で信頼と顧客基盤を獲得しており、他の手つかずの経済圏での足場を拡大することにさらに注力しています。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

10秒滞在

記事を最後まで読む

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください